サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夢印 (BIG COMICS SPECIAL)(ビッグコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
コミック

紙の本

夢印 (BIG COMICS SPECIAL)

著者 浦沢直樹 (著)

浦沢直樹×ルーヴル美術館プロジェクト!! ある一つの家族。ある一枚の絵。ある一人の謎の男。多大な借金を負った父と娘が、藁をもつかむ気持ちで訪れた古い館。看板には“仏研”...

もっと見る

夢印 (BIG COMICS SPECIAL)

842(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

浦沢直樹×ルーヴル美術館プロジェクト!!

ある一つの家族。

ある一枚の絵。

ある一人の謎の男。


多大な借金を負った父と娘が、藁をもつかむ気持ちで訪れた古い館。
看板には“仏研”と書かれている……
館内の暗がりを親子が歩き進むと、一人の男が静かに座っていた。
その男は初対面の親子に告げた。
「夢を見る人にしか、ルーヴルから美術品を拝借した話なんて、してあげないざんす」と………“ざんす”?

世界騒然。浦沢直樹、最新作!!!

【編集担当からのおすすめ情報】
今から4年あまり前、2014年頃にルーヴル美術館から浦沢直樹氏に漫画作品の執筆依頼がありました。ルーヴルは漫画を「第9番目の芸術」と認め、ルーヴル×漫画の共同プロジェクトを企画していたのです。浦沢氏は当時抱えていた連載作品で忙しく、長いことその企画に取りかかることができませんでした。その詳しい経緯は、単行本『夢印』豪華版の浦沢氏のあとがきに詳しく書かれてありますが、「9番目の芸術」としてではなく「日本漫画」として描く。漫画は、漫画であって、より自由で、馬鹿馬鹿しくて、美しい。果たして、浦沢直樹氏が出した答えは、「イヤミ」を主人公にするというものでした。赤塚不二夫先生の生み出した『おそ松くん』のキャラクター「イヤミ」。今も東京のどこかに生きていて、日本、フランス、世界の壮大なドラマのうねりを生み出す中心となる。浦沢直樹氏が生み出す「日本漫画」の自由、馬鹿馬鹿しさ、美しさに、是非、酔いしれてください。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

セボン!!

2018/08/08 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢印と書いて「むじるし」。B5サイズの豪華版も出ていて迷いましたが、とりあえず通常版を購入しました。

「浦沢直樹×ルーヴル美術館プロジェクト!!」と銘打たれた一冊。2014年頃、ルーヴル美術館が漫画を“第9番目の芸術”と認め、浦沢直樹氏に漫画作品の執筆依頼があったそうです。それを実現したのが本作。
かといって、妙に芸術的あるいは実験的な作品ではなく、きちんとしたストーリーのある楽しいマンガです。

浦沢直樹さんの作品は大長編のイメージが強いですが、これは一巻でサクッと完結します。
「MONSTER」あるいは「20世紀少年」を思い出す作風で、私は面白く読みました。

他の(浦沢直樹さんの)作品とは関連がなく、単独で読めますので、是非お試しを!……ただ、赤塚不二夫先生のキャラクター「イヤミ」を知らない方は、先にチェックしておいた方が良いザンス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

で、これがルーヴル美術館に納められることになるのですか?

2018/11/18 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

浦沢直樹の新刊となると内容をよく確かめずに購入してしまう。なので、この『夢印』もその例に漏れずhontoからの新刊メールが来たら予約をしてしまった時には内容はさっぱりわからなかった。その時の情報で小学館から刊行されるとあったので、きっと新しい雑誌連載作品が単行本化されるのだろうといった程度にしか考えていなかった。
で、実際手元に来てみると、「世界騒然。浦沢直樹×ルーヴル 共同プロジェクト」とあって、1冊で完結する話らしいということがわかった。何でもルーヴル美術館が浦沢直樹に漫画執筆を依頼したらしい。
ということを踏まえて読むと、確かにルーヴル美術館に対して気を遣っているというか、美術館のことを念頭に置いて描かれたマンガということがよくわかる。
そこに、日本の漫画、フランス、なんていうワードを組み合わせると、このキャラクターが登場するというのも必然といえば必然なんだろうなあ。
マンが自体は、浦沢直樹久々の中編もので、コンパクトにまとまっていて面白かった。しがない男だったり、可愛い女の子(といっても、いつものマンガよりは年令が若いと言えるが)だったり、妙なおばさんだったりと、浦沢マンガにいつも出てきそうなキャラクターに加え、例のキャラクターも怪しい雰囲気を出していていかにもだったし、ルーヴル美術館についてもシレッと舞台にしていてしっかり描かれているし。ただ、これはどんなマンガと位置づければ良いのかは少し考えてしまった。まあ、ある種のファンタジーということかなあ。
この通常のビッグ・コミックス版は、カバーがリバーシブルにできて凝った作りになっている。こういうのは電子書籍では楽しめないところだけれど、マンガ本編とはあまり関係ないところの楽しみかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イヤミざんす!

2018/08/15 22:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

知人に「イヤミが出る」と言われて、何を言っているんだと思ったのだけど、本当だった!
イヤミざんす!
最近赤塚不二夫先生ブームが再燃なの?
これはこれでまあまあ読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「カラスだからマリアに決まってる」

2018/09/13 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きん☆ぎん☆すなご - この投稿者のレビュー一覧を見る

画も物語も秀逸。だけど「ルーヴルと共同プロジェクト」ってのに特に納得感はなし。映画か2時間ドラマかそんなまとまりのある物語で面白かった。まぁ、マスクの落ちは読めたかな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/02 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/17 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/11 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/25 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/01 02:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/06 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/06 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/11 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/27 05:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/05 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/02 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。