サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 新潮社の通販
  6. 新潮文庫の通販
  7. 鉄路2万7千キロ世界の「超」長距離列車を乗りつぶすの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鉄路2万7千キロ世界の「超」長距離列車を乗りつぶす(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/271p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-131555-3
文庫

紙の本

鉄路2万7千キロ世界の「超」長距離列車を乗りつぶす (新潮文庫)

著者 下川裕治 (著)

世界の長距離列車を片っ端から走破! インド亜大陸縦断鉄道から、極寒の大地を走るシベリア鉄道、カナダとアメリカ横断鉄道の連続制覇まで、のべ19車中泊で疾走した鉄道紀行。『新...

もっと見る

鉄路2万7千キロ世界の「超」長距離列車を乗りつぶす (新潮文庫)

680(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界の長距離列車を片っ端から走破! インド亜大陸縦断鉄道から、極寒の大地を走るシベリア鉄道、カナダとアメリカ横断鉄道の連続制覇まで、のべ19車中泊で疾走した鉄道紀行。『新潮45』連載に加筆し文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

こんな酔狂な旅があるだろうか? 日本で夜行列車が廃止される中、世界で何日も走り続ける長距離列車を片っ端から走破してみよう! と旅立ったものの、風呂なしの日々に思いがけないアクシデント続発。インド亜大陸縦断鉄道から、チベット行き中国最長列車、極寒の大地を走るシベリア鉄道、カナダとアメリカ横断鉄道の連続制覇まで、JR全路線より長距離をのべ19車中泊で疾走した鉄道紀行。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界の「超」長距離列車を乗りつぶす旅行記

2018/10/24 10:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:文学少年A - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、インドのヴィペク・エクスプレス、中国の青蔵鉄道、ロシアのシベリア鉄道、カナダのカナディアン号、アメリカのテキサス・イーグル等の世界の「超」長距離列車を乗りつぶす2万7千キロの旅行記である。
感想としては、バックパッカーでないと体験できない出来事や所業が書いていて、海外で個人旅行する際には、十分気をつけた方がいいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはり下川さんの旅は、、、

2018/09/19 14:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nabe - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者にしては珍しく北米大陸の旅がある。
目次を見ると、インド→中国→ロシア→カナダ→アメリカと過酷さが徐々に少なくなりそうな順番に見える。
もしや、豪華ではなくとも少しは楽で楽しそうな旅もあるのかと思いきや、北米大陸の列車があれほど過酷な状況なってしまうとは。
しかも、編集者(読者)の期待に沿うために、自分で自分をを追い込むとは、、、。
読む側としてはとても面白かったが、60歳を超えての超長距離列車2人旅、ご苦労様でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/29 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/11 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/13 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る