サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人妻交換いたします(二見文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/26
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: 二見文庫
  • サイズ:15cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-18118-9
文庫

紙の本

人妻交換いたします (二見文庫)

著者 桜井 真琴 (著)

書下し。近所の男に彼の妻と自分が慕っている義母のスワップを持ちかけられ…。【「TRC MARC」の商品解説】書下し。近所の男に彼の妻と自分が慕っている義母のスワップを持ち...

もっと見る

この商品はアダルト向け商品です。

人妻交換いたします (二見文庫)

780(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

書下し。近所の男に彼の妻と自分が慕っている義母のスワップを持ちかけられ…。【「TRC MARC」の商品解説】

書下し。近所の男に彼の妻と自分が慕っている義母のスワップを持ちかけられ……【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

持ち掛けられた交姦の誘いは寝取られの始まり

2018/08/19 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

例えばフランス書院文庫でも以前は描かれていた交姦モノだが最近はとんと見られない。いわゆる「一竿」を強固に堅持しているからだが、時にはこれが足枷になっているような窮屈さを感じることもある。そんな状況を尻目に他のレーベルから自由度のある作品が出ているのは皮肉でもあるが、本作もそんな作品の1つである。息子たる主人公が親友(と思っていた悪友)の誘いに乗ったことで可愛らしさも感じさせる初心な義母が交姦の形を取りながらも事実上は奪われる展開である。この意味では寝取られ作品と言える。

20歳の大学生主人公が淡い想いを抱いている36歳の義母【奈保子】を差し出したのに対し、高校時代からの親友〈保〉が差し出すのは訳あって言いなり状態にさせている近所の42歳の人妻【美咲】なのは割に合わない気もするが、保の家庭環境からすれば致し方ないところか。その家庭環境や境遇もまた物語を構成する要素の1つになっている。しかし、それでも状況的には保の裏切りと言えよう。

保から交姦を持ち掛けられる第一章から主人公と美咲が交合に至る第二章はさらりとながれていく印象。言うなれば、ここまでは前菜であり、やはりメインディッシュは保に寝取られる奈保子の第三章以降と言える。また、保の恋人として序盤に出てくる【有紀】によって何気に3人ヒロインなのだが、物語の構成と官能面の側面サポートとして有紀には後半にも役どころが与えられている。ただ、この役割は美咲1人でも可能だったように思えるため、やや蛇足の感が否めない。

しかし、それを差し置いてもメインディッシュは美味である。息子のためとほだされ、嫌々ながらも仕方なく保の元へ赴く奈保子。喜色満面の保に嫌悪するも強引なヤリ口に翻弄され、夫では得られなかった快感を植えつけられ、心は拒むも体は愉悦を求めてしまうといった淫猥さ満点の展開が続く。喘ぐまいと抗う結果、呻くような感応になっているのは勿体ないところだが、一度きりのはずが二度目を求められ、主人公&美咲とのスワップに持ち込まれ、さらに淫靡な蟻地獄へと墜落させられそうな窮地に陥っている。夫婦の営みに乏しかった奈保子が保の手練手管によって抵抗虚しく目覚めさせられていく淫猥さはツボに嵌れば強烈であり、この辺りは『寝取られ熟母-僕の親友は悪魔』(著:鈴川廉平、マドンナメイト文庫)にも似たテイストだった。

退っ引きならない状況からの脱却に根拠の乏しい正義を用いたり(そもそもそんな正義が通用する相手か?)、最後の母子相姦がやや唐突だったりと起承転結こそあれど最後は強引に纏めた印象も残る幕の引き方だが、相応の物語性の中で寝取られ作品として必要な要素がたっぷり詰まっており、その官能面の濃さが充分に補って余りある作品だったと判断したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する