サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~8/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鬼の嫁取り(ポプラ文庫ピュアフル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2018/07/05
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫ピュアフル
  • サイズ:15cm/346p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-591-15934-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鬼の嫁取り (ポプラ文庫ピュアフル 一鬼夜行)新刊

著者 小松エメル (著)

古道具屋「荻の屋」の主・喜蔵と妖怪相談処を営む小春は、河童の棟梁の頼みで、アマビエの鱗を探すことに。その帰り道、喜蔵は想いを寄せる綾子が、見知らぬ男といる場に出くわし…。...

もっと見る

鬼の嫁取り (ポプラ文庫ピュアフル 一鬼夜行)

734(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古道具屋「荻の屋」の主・喜蔵と妖怪相談処を営む小春は、河童の棟梁の頼みで、アマビエの鱗を探すことに。その帰り道、喜蔵は想いを寄せる綾子が、見知らぬ男といる場に出くわし…。明治人情妖怪譚シリーズ、第2部完結編。【「TRC MARC」の商品解説】

「俺と夫婦になってください」
鬼の求婚で新たな事件が――。
累計30万部超、あたたかな涙が流れるやさしい明治人情妖怪譚!

永遠の命を授ける謎の妖怪アマビエが、再び江戸に出没した――
古道具屋「荻の屋」の主・喜蔵と妖怪相談処を営む小春は、
河童の棟梁・弥々子の頼みで、アマビエの鱗を探すことに。
その帰り道、喜蔵は想いを寄せる綾子が、見知らぬ男といる場に出くわし動揺する。
それぞれの想いが交錯する中、喜蔵と小春は大きな決断を下すことに――。
明治人情妖怪譚シリーズ第二部、感動と感涙の完結編!【商品解説】

大人気『一鬼夜行』シリーズ。その第2部、いよいよ感動の完結編。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

タイトルに偽りはないけれど…

2018/07/29 18:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから、いよいよこのシリーズもクライマックスか?と思ったが、まだまだ続巻が予定されている、とのこと、嬉しさはあるものの半分、今作への不満も残り微妙な心持ち。
タイトルに偽りは無いのだが、何か、TVの連続ドラマで最終回が近づくと回想シーンが増えるような、そんな座りの悪さ、居心地悪さを感じて、ページ稼ぎの様な気がしないでもなかった。まあ、本編があと三冊、番外編に加えて“未来編”!まで構想しておられる様なので、楽しみが続く、ということ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/31 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/04 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る