サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 宝島社の通販
  6. 宝島社文庫の通販
  7. 時間遡行で学生時代に戻った僕は、妻の恋を成就させたいの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

時間遡行で学生時代に戻った僕は、妻の恋を成就させたい(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/05
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-8575-1
文庫

紙の本

時間遡行で学生時代に戻った僕は、妻の恋を成就させたい (宝島社文庫)

著者 鹿ノ倉 いるか (著)

夫婦の間に溝が出来て、離婚の道を選んだ綾人。交通事故に遭って目を醒ますと、そこは大学時代。妻が自分の親友に片想いをしていたことを知る綾人は、その恋を成就させようと奔走する...

もっと見る

時間遡行で学生時代に戻った僕は、妻の恋を成就させたい (宝島社文庫)

702(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夫婦の間に溝が出来て、離婚の道を選んだ綾人。交通事故に遭って目を醒ますと、そこは大学時代。妻が自分の親友に片想いをしていたことを知る綾人は、その恋を成就させようと奔走するが−? 『小説家になろう』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

最後の1ページを読んだ時、その真実に涙する!
想いを胸に秘め、二度目の青春を「君」に捧ぐ――。

ある事情がきっかけで夫婦の間に溝が出来てしまい、離婚という道を選んだ綾人。

「自分がずっと妻を苦しめていた」という罪の意識に苛まれる綾人は、放心状態で車を運転し事故に遭ってしまう。
……目を覚ました綾人がいたのは、10年前の大学時代。
親友の駿稀、未来で妻となる帆乃里、そして彼女の友人である美妃。
青春を共に過ごした4人組の中で、かつて帆乃里が駿稀に片想いしていたことを知る綾人は、 「駿稀なら帆乃里を幸せに出来たはず」と考え、“2度目”の大学生活でその恋を成就させるべく奔走するが――?
決して伝えてはいけない、一途過ぎる“愛”。眩しさと切なさが溢れる青春ストーリー!
【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

幸せが増すほど、読者に切なさが募り、主人公を応援したくなる

2018/11/16 12:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯の「最後の1ページを読んだとき、その恋の真実に涙する」とまでは行きませんでしたが、主人公の切ない気持ちが胸に迫りました。

大好きだからこそ、好きな人の恋を応援してあげたい…。
それは、恋愛小説にときどき描かれる展開ではありますが…ここまで大好きな人のために尽くす人…そして、不器用で一途な人はいないんじゃないでしょうか。

タイムリープ物は「後悔をなくす」展開が多いですが、この主人公は同じ動機でも「今度は自分がうまくやろう」とするのではなく、「まったく違う、自分が関わらない未来にしよう」としている。
それが痛々しくて…美妃ではないけれど、放っておけなくなります。

幸せな想い出がひとつ増えるたびに、読者には切なさがひとつ増えていく…。
通常は「主人公には幸せな想い出が増えてほしい」と思うものですが、「これ以上は増えないで」と思わせてくれる切なさがありました。

そして、ずっと「帆乃里の前では目立たないようにしよう」と陰に徹していたのに、ラスト間近で感情が爆発して、心配し、喜び、怒り、叱咤激励するところは、思わず「おまえは何て良いヤツなんだ…!」と呆れつつも涙してしまいました…。
だから、この主人公は周りから好かれているんでしょうね。

ラストの展開は、賛否があるだろうな…。私自身が「これじゃ、結局主人公は自分自身をまた責めるのでは…? これからどうするの?」と心配になりました。
まあ、ついつい主人公を心配してしまうぐらい、感情移入をさせられたということですが…。
そんなふうに感情移入を強くしてしまうほど、とても書き方がうまいと思いました(デビュー作とは思えないぐらい、読み進めてしまった…)

本当に面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/30 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/20 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む