サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦国大名と分国法(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431729-6
新書

紙の本

戦国大名と分国法 (岩波新書 新赤版)

著者 清水克行 (著)

厄介な隣国、勝手な家臣、喧嘩に盗みに所有地争い…。戦国乱世の大名たちは、さまざまな歴史的課題にどのような対策を講じていたのか。大名たちが定めた「分国法」を読み解き、彼らの...

もっと見る

戦国大名と分国法 (岩波新書 新赤版)

886(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

厄介な隣国、勝手な家臣、喧嘩に盗みに所有地争い…。戦国乱世の大名たちは、さまざまな歴史的課題にどのような対策を講じていたのか。大名たちが定めた「分国法」を読み解き、彼らの実像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

血で血を洗う戦国乱世を生きた、華々しき大名たち、のはずが!? 悩める素顔を語る、かくも雄弁なる〈法〉!【本の内容】

著者紹介

清水克行

略歴
〈清水克行〉1971年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。明治大学商学部教授。専攻は日本中世史。著書に「足利尊氏と関東」「耳鼻削ぎの日本史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦後歴史学に再考を促す野心作

2018/08/01 16:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

結城・伊達・六角・今川・武田各家の分国法を素材に、戦国大名について考える。文章は軽妙でいて内容は深い。分国法を残した上記諸家と、残さなかった大名との対比とその評価には驚いた。終章には、戦後歴史学の成果に再考を促す記述もある野心作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めて知ったことばかり

2018/11/20 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

なるほどねぇ。こういうことだったのか!
こういう本を、ぜひ、先生方に読んでもらいたいですね。
中学校や高校の先生には特に。
戦国時代のイメージを変えますし、
分国法の教え方、重要性が変わるでしょうね。
納得したことがらが多いです。
いわゆる戦国時代や戦国大名がお好きな方は、
かたすかしをくうかも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目から鱗

2018/11/01 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『戦国法の読み方』が非常に面白かったし、清水さんの著作なので期待して読んだが、満足。トノサマの愚痴やため息が伝わってくるような結城氏の法度や「塵介集」の読み方も面白いが、「先進的だからといって時代状況に合っているとは限らない」というのは卓見。「勝者になった大名たちに分国法は少ない」というのは言われてみればその通り。「先進的だから」法の支配を進めたのではなく、「内部に問題を抱えていたから」分国法のようなものに頼らざるを得なかった、というのは目ウロコだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地域法

2018/10/17 06:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

分国法の実態がわかって非常に興味深い。領主の赤裸々な文言が使われていたり必ずしも法治国家とは言えずうまく機能していなかったのも理解できる。原文も読みたくなるほどに興味がそそられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/28 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/15 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/13 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/23 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。