サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/19
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102497-8
新書

紙の本

公家たちの幕末維新 ペリー来航から華族誕生へ (中公新書)

著者 刑部芳則 (著)

幕末維新の頃、公家たちは何をしていたのか。ペリー来航〜王政復古の十数年を、公家たちを中心に描いた書。天皇復権のため志士たちを煽り、諸藩を相手に権謀術数を重ね、激動の時代に...

もっと見る

公家たちの幕末維新 ペリー来航から華族誕生へ (中公新書)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幕末維新の頃、公家たちは何をしていたのか。ペリー来航〜王政復古の十数年を、公家たちを中心に描いた書。天皇復権のため志士たちを煽り、諸藩を相手に権謀術数を重ね、激動の時代に裏から大政を操った彼らの姿を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

ペリー来航から明治維新まで、この15年を彩るさまざまな物語は、志士をはじめとする武家を主人公として描かれることが多い。一方、公家たちは歴史のうねりに翻弄される優柔不断な脇役として描かれてきた。しかし、公武合体から王政復古まで、彼らが果たした役割は大きい。天皇復権のため、志士たちを煽り、大名を相手に種々の交渉を重ねたのは有名無名の公家たちである。日本史の画期で奔走した彼らの奮闘に迫る。【商品解説】

幕末維新の頃、公家たちは何をしていたのか。これまで、優柔不断な脇役として描かれてきた彼らが、日本史の画期に奔走した軌跡を追う【本の内容】

著者紹介

刑部芳則

略歴
〈刑部芳則〉1977年東京都生まれ。中央大学大学院博士後期課程修了。博士(史学)。日本大学商学部准教授。専攻は日本近代史。著書に「京都に残った公家たち」「三条実美」「帝国日本の大礼服」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

面白かったです!

2019/02/20 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とと - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本史の授業では岩倉具視、三条実美ぐらいしかでてこない幕末の貴族に注目した本で、本当に読み応えがありました。幕府の動向は広く知られていますが朝廷、貴族の動きはあまり知られていませんので大いに勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貴族

2018/11/20 06:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

注目されることがなかった幕末の公家たちの動向がつぶさに紹介されている。写真掲載もあることなどからひとりひとりの顔が浮かぶようである。幕末に光を当てたまさに逸品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

存在証明

2019/12/25 01:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

武家社会のなかでの公家。
大政奉還で政治の表舞台に戻った公家。
授業の中でこのあたりが気になっていたから読んでみた。

この本の存在自体が公家がなにかしらの行動をしていた証左で、
ならその上でなにをしていたかという目線で読むと
「なにも為していない」ということになってしまう。

孝明天皇が最初に譲位側についたことがダイジェスト。

どこの文化でも貴族社会はそこの民俗性を凝縮したかたちになる。
武家社会は貴族へのアンチテーゼだったことからすると、
やっぱり貴族社会こそが“日本人”の縮図。

話し合いだけはたくさんしていた。

岩倉無双。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/12/05 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/04 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/11 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/16 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/24 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/30 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/01 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/21 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/16 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。