サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. NHK出版の通販
  6. 生活人新書の通販
  7. 脳を守る、たった1つの習慣 感情・体調をコントロールするの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳を守る、たった1つの習慣 感情・体調をコントロールする(生活人新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/10
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088557-4
新書

紙の本

脳を守る、たった1つの習慣 感情・体調をコントロールする (NHK出版新書)

著者 築山 節 (著)

60代を過ぎて老年期を迎えた脳は「鍛える」のではなく「守る」もの。脳のメカニズムを解説し、体調・感情のコントロールのコツや、1日5分、15項目書くだけのノートを紹介する。...

もっと見る

脳を守る、たった1つの習慣 感情・体調をコントロールする (NHK出版新書)

842(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

60代を過ぎて老年期を迎えた脳は「鍛える」のではなく「守る」もの。脳のメカニズムを解説し、体調・感情のコントロールのコツや、1日5分、15項目書くだけのノートを紹介する。「脳が冴える15の習慣」続編。【「TRC MARC」の商品解説】

脳の専門家でありベストセラー作家でもある著者による、年齢を重ねても生き生きとした生活を送るためにはどう行動すべきかを具体的に解説する実践書。
具体的には、「ノートに書き留める」ことを主軸に据えて、脳の働きを維持する生活習慣や毎日の心がけを指南し、脳のメカニズムについても触れる。【本の内容】

60代を過ぎて老年期を迎えた脳は「鍛える」ではなく「守る」もの。脳神経外科医の著者が考えた、厳選15項目を「1日1頁、書くだけ」で、脳の機能は維持できる! ベストセラー著者による待望の新作。【本の内容】

著者紹介

築山 節

略歴
〈築山節〉1950年愛知県生まれ。日本大学大学院医学研究科卒業。公益財団法人河野臨牀医学研究所附属北品川クリニック所長。医学博士。著書に「脳が冴える勉強法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

コペルニクス的転回

2018/07/16 05:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:walkalone - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むまで、脳は鍛えるものだ、と思っていました。この本を読むと、脳は「鍛える」のではなく「守る」もの、だと分かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

還暦を過ぎれば、脳は守るもの

2018/07/21 23:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aki - この投稿者のレビュー一覧を見る

還暦を過ぎたあたりから、脳は鍛えるものではなく、守るものとなると著者は言う。

本書では、脳を守るための機能を「脳幹」「大脳辺縁系」「大脳新皮質」の3つに分けて説明している。「脳幹」は負荷をかけずに「守る」ものであり、「大脳辺縁系」は暴走を防ぎ「しつける」もの、「大脳新皮質」は新たな情報に触れて「育てる」ものであるという。そのための習慣として、1日1頁、ノートを書くことを提言。何を書くか、ノートのフォーマットを公開している。いくつになっても脳を健全に保ちたい人には参考になるヒントがたくさん書かれている。

なお、「脳を鍛えたい」人には、同じ著者による『脳が冴える15の習慣』(NHK生活人新書)を薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/12 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/01 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/20 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む