サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昭和の怪物七つの謎(講談社現代新書)
昭和の怪物七つの謎(講談社現代新書) 昭和の怪物七つの謎(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/19
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-512339-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

昭和の怪物七つの謎 (講談社現代新書)新刊

著者 保阪正康 (著)

東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三…。昭和史研究の第一人者が、これまでに取材した「昭和の怪物」たち本人、側近、家族らの証言から、「歴史の闇」にあらためて光をあ...

もっと見る

昭和の怪物七つの謎 (講談社現代新書)

950(税込)

昭和の怪物 七つの謎

864 (税込)

昭和の怪物 七つの謎

ポイント :8pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三…。昭和史研究の第一人者が、これまでに取材した「昭和の怪物」たち本人、側近、家族らの証言から、「歴史の闇」にあらためて光をあてる。『サンデー毎日』連載を新書化。【「TRC MARC」の商品解説】

私の使命は、昭和前期から無謀な戦争に突入し、悲惨な敗戦を迎えるまでの記録と教訓を、次世代に繋げることだと考えている、と筆者は言う。これまで40年以上にわたる近現代史研究で、のべ4000人から貴重な証言を得てきた。本書でも紹介する東條英機夫人。秘書官・赤松貞夫。石原莞爾の秘書・髙木清寿。東條暗殺計画の首謀者・牛島辰熊。2・26事件で惨殺された陸軍教育総監・渡辺錠太郎の娘、和子。犬養毅首相の孫娘、道子。瀬島龍三本人。吉田茂の娘、麻生和子などなど。その証言と発掘した史料により筆者は多くの評伝を書いてきたが、そこに盛り込めなかった史実からあらためて「昭和の闇」を振り返る。とくにこれまで一冊にまとめられていなかった石原莞爾については、はじめての原稿となる(初出は「サンデー毎日」)。【商品解説】

目次

  •  

著者紹介

保阪正康

略歴
〈保阪正康〉1939年北海道生まれ。同志社大学文学部卒。現代史研究家、ノンフィクション作家。2004年菊池寛賞受賞。「ナショナリズムの昭和」で和辻哲郎文化賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

そうなんだ

2018/08/04 22:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛行白秋男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近代日本史の再発見、歴史が変わっていたのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎度の瀬島批判

2018/08/13 20:45

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和末に出た瀬島龍三の伝記を「文藝春秋」で読んでから、30年以上千篇一律の瀬島批判を飽きずに書くものだ、と感心すらしてくる。瀬島伝でも触れてはいるが、彼は2・26事件で岡田啓介の身代わりになった松尾傳藏の娘婿だ。「岡田啓介回顧録」に従えば、参謀本部の情報を部外者である義理の伯父に流したと読めるが、こういう事は、他の人も含めて、調べようとしないものだ。もし、本当に瀬島中佐がソ連のスパイだったら、何故昭和31年までソ連に抑留されていたのだろうか?「将校団の民主化の旗振り役をしている」人物なら、逆にスパイとして使えないだろうに。「内容が具体的」なら是非、書いてほしいものだ。
 「ある出版社から皇室事典を刊行したのだが(「岩波 天皇・皇室辞典」の事)、私は三笠宮殿下の項を執筆した」とあるが「昭和天皇、敗戦からの戦い」では「歴史的な誤解に基づく記述をした」(つまり、三笠宮家が昭和10年に「創設時に「お印」は三笠山にちなみ、「若杉」が与えられ」という個所も指すだろう)ので「殿下から出版社へ記述が事実と若干異なっているようだがとの連絡があり、私はその出版社の担当者(岩波の編集者か、と思っていたら、「AERA」の薨去の時に「編集」と名前が上げられている原武史氏が同じ事を書いていた)などと事実を確かめに赴いたことがあった」とあるが、この本では「津野田事件」について「三笠宮説という表現でこの件に触れた。すると三笠宮殿下から出版社に連絡があり、『そうではない』という説明をするので、宮家を訪ねた」と変わっている。勿論、工藤美代子氏の「母宮 貞明皇后とその時代」で「津野田事件」が一切、触れていないが、三笠宮薨去後に彼女の夫が「三笠宮と東條英機暗殺計画」を出しているから、見当はつく。「殿下は応接室で各種の史料(宮内庁にある殿下の行動や軌跡を記録した文書など)を示され、この点は歴史的に誤解が続いているので訂正してほしいとの説明を受けた。私は殿下の反論を聞きながら、この計画は未遂に終わったのになぜ裁かれたのか、殿下は心を傷めていることもわかった」。こういう事は加藤本には出て来ないから、是非こちらも書いてほしいものだ。「秩父宮と昭和天皇」の担当編集者が書いた「皇族と帝国陸海軍」では津野田本が「それらが正確であるのは『東久邇宮日記』などから確かめられる」と書いているが、加藤本の113頁に写真版が掲載されている「三笠宮所有の『わが東条英機暗殺計画』」の書き込みを見ると、津野田兄弟は今の秩父宮記念公園である御殿場の秩父宮御別邸と三笠宮妃殿下が滞在されていた箱根を混同していて、それも「空襲を避けて」と前置きしている。東條内閣倒閣の頃に空襲が激しかったらしいが、これで大本営参謀を務められたものだ。余程、当時の事に疎いゴーストライターが書いたのだろう、とすら思えてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/07 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/29 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む