サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏の雪(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/03
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791114-0
文庫

紙の本

夏の雪 (文春文庫 新・酔いどれ小籐次)

著者 佐伯泰英 (著)

小籐次は駿太郎の乳母、おさとと再会。彼女の舅は名人と呼ばれる花火師だったが、怪我で引退し、余命数か月という。半端な花火職人の義弟が作った花火を舅に見せてやりたいと言うおさ...

もっと見る

夏の雪 (文春文庫 新・酔いどれ小籐次)

799(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小籐次は駿太郎の乳母、おさとと再会。彼女の舅は名人と呼ばれる花火師だったが、怪我で引退し、余命数か月という。半端な花火職人の義弟が作った花火を舅に見せてやりたいと言うおさとの願いに小籐次は…。シリーズ第12弾。【「TRC MARC」の商品解説】

ひと月前に、品川界隈に巣食う妖怪・強葉木谷の卑弥呼を退治した小籐次と駿太郎は、老中青山忠裕の案内で、江戸城表の白書院で将軍・家斉に拝謁することになった。家斉のみならず、老中を筆頭に幕閣要人、御三家や大大名の前でふたりは来島水軍流を披露し、さらに自作の「ほの明かり久慈行灯」の光の中で懐紙を切り分け、雪か花火かという幻想的な風景を演出し、喝采を浴びた。

数日後、小籐次は、駿太郎が赤ん坊だったころに乳母を務めてくれたおさとと再会する。おさとの舅は名人と呼ばれる花火師だったが不慮の事故で体を壊して引退し、さらに余命数か月という病床にあった。舅が死ぬ前に、半端な花火職人の義弟が作った花火を見せてやりたいというおさとの願いを知った小籐次は、一計を案じる――。

不景気で隅田川の川開きの花火の開催が危ぶまれるいま、小籐次は隅田川に見事大輪の花火を打ち上げることができるのか!?

書き下ろし第12弾。【商品解説】

将軍とのお目見えがなった小籐次は見事な芸を披露して喝采を浴びる。そして届いた大量の祝い酒の始末に困ったが、妙案を思いつき…。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

花火

2018/09/05 11:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上様のお召しで江戸城に上がり、機転を利かせて紙吹雪の業を披露する。家斉は大喜び。同席の大名も喜び、酒が届けられる。駿太郎の乳母で世話になった関係から花火職人親子にお節介をする。届いた酒を換金し花火50発を依頼する。同じ時期に義兄弟の市川団十郎の悩みを聞き、美人局の悪役人を始末する。花火職人の親の死期に間に合わせ技術の伝承が出来、花火大会は成功裡に終わる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/13 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/29 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/27 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/03 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/02 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る