サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噓だらけの日独近現代史(扶桑社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/03
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-08010-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

噓だらけの日独近現代史 (扶桑社新書)

著者 倉山 満 (著)

世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか? 西ローマ帝国からプロイセン王国、ヴァイマール共和国、ドイツ連邦共和国までをたどり、日本の近現代史を理解するうえで...

もっと見る

噓だらけの日独近現代史 (扶桑社新書)

950(税込)

嘘だらけの日独近現代史

950 (税込)

嘘だらけの日独近現代史

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.4MB 無制限
Android EPUB 7.4MB 無制限
Win EPUB 7.4MB 無制限
Mac EPUB 7.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか? 西ローマ帝国からプロイセン王国、ヴァイマール共和国、ドイツ連邦共和国までをたどり、日本の近現代史を理解するうえで極めて重要な国の正体を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

◆世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか?

日本人が思い描くドイツは「真面目でなんとなく親近感のある国」だが、それはプロイセン人がつくった「ドイツ帝国」であり、ドイツに長らく君臨してきたオーストリア・ハプスブルク家の神聖ローマ帝国ではない。現在のドイツはいわば、プロイセンに乗っ取られた国だ。では、プロイセンとは何かと問われれば、ポーランドの東の果てから流れてきたよそ者のことだ。
プロイセン人がつくったドイツには典型的な特徴がある。一、生真面目。二、勢いに乗る。三、詰めが甘い。――世界大戦で二度の大敗を喫したように、途中まではうまくいくものの、調子にのって最後は大コケすることを繰り返してきた。
明治以来、そんなドイツに憧れた国が日本だ。帝国陸軍は最先進国のドイツ陸軍を師と仰ぎ、医者はドイツ語でカルテを書いてきた。しかし、いかに多大な影響を受けたとはいえ、日清・日露戦争に勝ち大国となったはずの日本は、なぜヒトラーと組むような悪手をとってしまったのか?
そして、戦後、敗戦国に叩き落された両国はまるで異なる復興を遂げた。東西分断で塗炭の苦しみを味わったドイツは戦い抜いて統一を勝ちとった一方で、日本は何を成し遂げたというのか……? かつてヨーロッパとアジアの中心であった両国の近現代史をひもとくことで、みえてきた現在にいたる宿痾とは? 「嘘だらけシリーズ」完結編。
【商品解説】

著者紹介

倉山 満

略歴
〈倉山満〉1973年香川県生まれ。中央大学大学院博士前期課程修了。憲政史研究者。希望日本研究所所長。著書に「帝国憲法の真実」「噓だらけの日中近現代史」「保守の心得」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シリーズ最新作

2018/08/16 13:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:451 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が始めて読んだ倉山本は嘘だらけシリーズの日米。
そう考えるとシリーズの完結は感慨深い。
関連図書も読みたくなる(とくに菊池先生の本は早速読みました)のも倉山本の魅力。

でも、外伝の菊ちゃんは期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドイツ嫌い…

2018/07/16 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

突然ですが,評者はおフランスかぶれでドイツ嫌いです。大学でドイツ語を選択し(当然オールA)ドイツ思想史を履修して嫌いになりました。思想的には常識的なイギリス経験論が,そして語学的には先生が美人のフランス語が好きになりました。
冗談はともかくとして,ユダヤ人を迫害するのはヨーロッパ人すべてだとしても,そのために生真面目に工場を建設してオートメーションでガス室と焼却炉を使用するというところに同じ人間とは思えない異質性を感じてしまう(一人一人のドイツ人は付き合ってみると気持ちのよい人が多いのですが…)。そしてそれらの罪を全部ナチスになすり付けて被害者面をする卑怯さも相いれない。シナ人に共通するものを感じてしまう人は多いと思う。そういえばドイツ連邦共和国と中華人民共和国は仲良しですね。
で,本書ですが,いつも通り楽しめました。コンパクトにドイツ人の優れたところとダメなところがまとまっています。フランス編と合わせてお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/16 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/31 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む