サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 祥伝社の通販
  6. ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介
ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介 ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/11
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:20cm/546p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-63546-6

紙の本

ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介

著者 柄刀一 (著)

信玄の埋蔵金伝説が残る山梨で、殺人と誘拐が同時発生。それぞれの事件を追う国民的名探偵・浅見光彦と、IQ190の天才探偵・天地龍之介が邂逅した時、武田家を支えた、戦国時代か...

もっと見る

ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介

2,052(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

信玄の埋蔵金伝説が残る山梨で、殺人と誘拐が同時発生。それぞれの事件を追う国民的名探偵・浅見光彦と、IQ190の天才探偵・天地龍之介が邂逅した時、武田家を支えた、戦国時代から続く名家の謎が浮上し…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柄刀一

略歴
〈柄刀一〉1959年北海道生まれ。「3000年の密室」でデビュー。ほかの著書に「密室キングダム」「翼のある依頼人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

二人のやさしい探偵

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

個性ある探偵小説の主人公たちが作品の垣根をこえて謎を解く”探偵競演”ワクワクしてしまいますね。
柄刀一の『ミダスの河』に登場するのはIQ 190の天才・天地龍之介。ともに謎解きに挑むのは、なんとあの国民的名探偵・浅見光彦。
ルポライター浅見光彦は例によって取材先で事件に巻き込まれ、天地龍之介もまた別の殺人事件に巻き込まれてしまう。
二つの事件はやがて甲斐武田時代に金山奉行を務めた名家・小津野家の秘密につながっていく。

さて天地龍之介という青年。柄刀一の生み出した名探偵。三十手前でのどかな島育ち。IQ 190という知性のきらめきは鋭利だけれどおっとり穏やかな性分。お人好しで素朴。あれ?と思われた方!なんとなく似ていますよね。この二人の出会いが読みたくてページを繰る手も逸るばかり。
作中には浅見光彦シリーズでおなじみの方々もしっかり登場!お楽しみいただけます。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

二人の主役で大味だけど…

2018/08/01 01:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なお - この投稿者のレビュー一覧を見る

名探偵・浅見光彦シリーズと天才・天地龍之介シリーズの両方が好きなので、読んでいて楽しかったです。事件ものとしては主役が二人なので…ちょっと物足りない感じはしますが、両名の特徴を生かした謎解きになっていると思います。浅見光彦シリーズを好きな人には情感だったりが物足りなく感じると思いますが、天地龍之介シリーズを好きな人には満足出来ると思います。私は続編を読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/26 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/06 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る