サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 児童文学研究・絵本研究の通販
  5. 集英社クリエイティブの通販
  6. 「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだことの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと
「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと 「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/26
  • 出版社: 集英社クリエイティブ
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-420-31081-9

紙の本

「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと

著者 中村 桂子 (著)

本好きな生命科学者の自伝的エッセイ。「あしながおじさん」「長くつ下のピッピ」「虫めづる姫君」などのヒロインから「ふつうのおんなの子」の生きかたを取りだし、その視点から見え...

もっと見る

「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本好きな生命科学者の自伝的エッセイ。「あしながおじさん」「長くつ下のピッピ」「虫めづる姫君」などのヒロインから「ふつうのおんなの子」の生きかたを取りだし、その視点から見える世界と可能性について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

生きものと本が大好きな生命科学者が、幼少期から親しんだ児童文学のヒロインたちから「ふつうのおんなの子」という生きかたを取りだし、その視点から見えてくる世界と可能性について魅力たっぷりに語る自伝的エッセイ。

本文「私の中の『ふつうのおんなの子』」より
 21世紀がどんな時代であってほしいか。考えてみると、最近の社会は私が望むものとはずいぶん違います。もちろん、いつの世も社会が問題点を抱えているのはしかたのないことですが、なんだかふつうの人がふつうに生きることができにくい方向に動いている気がしてなりません。私自身は20世紀を生きてきた人間であり、この世紀をそれほど長く生きることはないでしょうが、子どもや孫、さらにはその先の人々が暮らしやすい世の中であってほしいと強く願っています。
 そこで私の思いを語ります。深遠な学問や数値からではなく、そんな気がする、そうであったらいいなという願いなのですが。長い間、生きものの研究を基本に「人間は生きものであり、自然の一部である」という事実を大切にする社会であってほしいと願ってきた立場から思うことです。
 私は「日常の中で接するものやことをよく見て、自分の言葉で考え、納得しながらふつうに暮らす」という生きかたをしてきました。本を読んだり、考えたりするのは大好きですが、難しい抽象は苦手で、身近で小さなところに楽しみを探してきました。それを「女の子」、それも「ふつうの女の子の生きかた」と括り、「女の子が活躍する社会」になったら生きやすいのではないか、そうしたいという気持ちになっています。

【本の内容】

目次

  • 【目次】
  •  私の中の「ふつうのおんなの子」
  • 1『あしながおじさん』の女哲学者
  • 2『長くつ下のピッピ』の自由な生きかた
  • 3『やかまし村の子どもたち』のふつうを絵に描いたような日々
  • 4 おんなの子の戦争と平和
  • 5 少女時代に読んだ本
  • 6『若草物語』の四人姉妹
  • 7 ケストナーと子どもの世界
  • 8『モモ』の時間感覚

著者紹介

中村 桂子

略歴
中村 桂子(なかむら けいこ)
1936年東京都生まれ。東京大学理学部化学科卒業。同大学大学院生物化学専攻博士課程修了。理学博士。JT生命誌研究館館長。
著書に『生命誌とは何か』(講談社学術文庫)、『自己創出する生命』(ちくま学芸文庫/毎日出版文化賞受賞)、『あなたのなかのDNA』(ハヤカワ文庫)、『ゲノムが語る生命』(集英社新書)、『科学者が人間であること』(岩波新書)、『知の発見 「なぜ」を感じる力』(朝日出版社)、『ゲノムに書いてないこと』『小さき生きものたちの国で』(ともに青土社)、『いのち愛づる生命誌(バイオヒストリー)』(藤原書店)他多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと』

2018/09/03 21:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

児童文学の窓から文明批評すると“ふつうのおんなの子”が見えてきた!

『あしながおじさん』のジューディ
『長くつ下のピッピ』のピッピ
『赤毛のアン』のアン
『小公女』のセーラ...

望ましい社会をつくりだす“ふつうのおんなの子”は

 小さなことや何気ないことを面白いと思いながら暮らしている
 みんながいきいき暮らすというあたりまえのことを最も大切と考えている
 じっくりと課題に向き合い本質を考えながら丁寧に生きている

「日常の中で接するものやことをよく見て、自分の言葉で考え、納得しながらふつうに暮らす」“ふつうのおんなの子”の生きかたが21世紀を暮らしやすい世の中に変えていく

「生命誌」を専門に研究する科学者による“ふつうのおんなの子”のすすめ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/09 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る