サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花だより(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/03
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/297p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4197-1
文庫

紙の本

花だより (ハルキ文庫 時代小説文庫 みをつくし料理帖)新刊

著者 髙田郁 (著)

澪が大坂に戻ったのち、文政5年春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る表題作ほか、澪のかつての想いびと数馬と妻の暮らしを綴った「涼風あり」など全4編を...

もっと見る

花だより (ハルキ文庫 時代小説文庫 みをつくし料理帖)

648(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

澪が大坂に戻ったのち、文政5年春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る表題作ほか、澪のかつての想いびと数馬と妻の暮らしを綴った「涼風あり」など全4編を収録。澪の料理帖、みをつくし瓦版つき。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

花だより 9−80
涼風あり 81−150
秋燕 151−224

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

再会

2018/09/12 16:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moon - この投稿者のレビュー一覧を見る

種市の澪に会いたい気持ちが痛いほどわかります。人間年取って体も言うこと聞かなくなると、涙もろくなるんです。最近、実感してます。澪が故郷に帰って上手くいくはずと思っていたら、なかなか一筋縄ではいかない。夫婦でありながらお互い相手を思うあまり、遠慮が過ぎる源斉と澪。でも、味が記憶を呼び起こし、気持ちの張りを取り戻すきっかけになるのはうなずけます。数年前亡くなった父が外出許可を得て食べたいと言ったのが以外にも肉うどん。もう、食べることは出来なかったけど、おつゆだけでもと口に運ぶと嬉しそうに笑いました。続巻は望めないようですが、澪たちの明日は明るく続いていくと思わせるそんな最後の再会。私も嬉しかったです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ずっと心に残ります!

2018/09/20 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こいつぁいけねぇ、いけねぇよう、またこのシリーズを再読したくなるじゃないか。種市、坂村堂、清右衛門の道中記を読みたくなるじゃないか。小野寺数馬に乙緒よ、似たもの夫婦じゃないか。いつか煮た物フーフーしながら仲良く食べれよ。野江、又次の想いをいつまでも忘れることなく、辰蔵と末永く幸せになあ。澪、あいかわらずの艱難辛苦だな高田郁めっ!なぜ、そこまでする(怒)でもそばには源斉もいるし、野江も近くにいるしひとりで思い悩むなよ~。みんな元気で何よりだ。人は宝だ!物語とはいえ澪たちのことは、ずっと忘れないよ~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安心

2018/09/17 12:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょんきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

一旦完結したけど、その後が知りたいって思っていました。
そんな意見が多かったのかな。
皆の知りたい人のことが、まんべんなく書いてあって満足。
これからも元気でいるだろうと思える終わり方でほっとしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これで最後は悲しい

2018/10/04 17:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BHUTAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

澪と野江が大阪に戻ってからの話し。
かつての思い人と奥方の逸話は涙なくして読めない。
そして大阪の2人にも幸せな時が来た。
大団円のお話し。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しさ

2018/09/18 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mic - この投稿者のレビュー一覧を見る

相手に対する「思い」と「思いやり」。似ているけどちょっと違う…
それに気付き、相手に伝わるような行動を取れた時、受け取った側も優しさで幸せな気分になるのが心に沁みました。
小野寺と乙緒の話が良かった。
種市御一行様も!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

その後

2018/10/12 07:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんなの、その後を垣間見ることができた気分で、なんだか安心しました。また一から読み返したくなってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/12 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/12 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/01 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/25 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/05 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/17 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/25 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/13 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/09 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る