サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 幻冬舎の通販
  6. 幻冬舎文庫の通販
  7. サイレント・ブレス 看取りのカルテの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サイレント・ブレス 看取りのカルテ(幻冬舎文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/12
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42776-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

著者 南杏子 (著)

大学病院から、在宅で「最期」を迎える患者専門のクリニックへの“左遷”を命じられた水戸倫子。いくつもの死と、そこに秘められた“謎”を通して、人生の最後の日々を穏やかに送る手...

もっと見る

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

702(税込)

サイレント・ブレス 看取りのカルテ

667 (税込)

サイレント・ブレス 看取りのカルテ

ポイント :6pt / 紙の本より35おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大学病院から、在宅で「最期」を迎える患者専門のクリニックへの“左遷”を命じられた水戸倫子。いくつもの死と、そこに秘められた“謎”を通して、人生の最後の日々を穏やかに送る手助けをする医療の大切さに気づき…。【「TRC MARC」の商品解説】

誰もが避けては通れない、
愛する人の、
そして自分の「最期」について静かな答えをくれる、
各紙誌で絶賛された現役医師のデビュー作。
2018年6月21日のNHK「ラジオ深夜便」にて紹介され、話題沸騰中!


「生とは何か。死とは何か。答えの出ない問いへの灯りのような一冊」(書評家・吉田伸子さん)

「本書を読んで何よりも私は、救われた、と感じた」(書評家・藤田香織さん)


大学病院の総合診療科から、「むさし訪問クリニック」への“左遷”を命じられた37歳の水戸倫子。そこは、在宅で「最期」を迎える患者専門の訪問診療クリニックだった。命を助けるために医師になった倫子は、そこで様々な患者と出会い、治らない、死を待つだけの患者と向き合うことの無力感に苛まれる。けれども、いくつもの死と、その死に秘められた切なすぎる“謎”を通して、人生の最期の日々を穏やかに送れるよう手助けすることも、大切な医療ではないかと気づいていく。そして、脳梗塞の後遺症で、もう意志の疎通がはかれない父の最期について考え、苦しみ、逡巡しながらも、大きな決断を下す。その「時」を、倫子と母親は、どう迎えるのか?【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

リアリティーを感じる在宅看護、終末医療の内容です。

2018/07/29 22:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:謙信 - この投稿者のレビュー一覧を見る

父の緊急入院、在宅看護、看取りを経験した後、本書を読みました。経験したから思えるのでしょうが、“もっと早く本書を読んで入れば・・・”と今は痛切に感じます。自身の後悔、医療現場への不信感、など作者や主人公の気持ちに共感する場面が多くありました。作者が医師である点が小説という形の中で存分に活かされており、作品のリアリティーさに感銘しました。また、結論に至る経過が本文にしっかり記載されていて、後から該当ページを参照することで納得できました。歯がゆさや悔しさは今後もなくなることはないでしょうが、ライフワークとして父と同じような症状の方がより良い形で人生を送れるような活動をしていきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出来すぎ

2018/08/17 05:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょんきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学病院から訪問診療へ。
左遷と思い込んだ主人公が、悩みながらも周りのスタッフに助けられながら成長していく。
手強い患者にも、最期は受け入れてもらえる等、読んでいて先がわかる。
こんなに分かりやすい患者ばかりではない!とケアマネジャーをしている私は感じました。
もっとも医療と介護では、利用者の受け入れが根本から違いますから、この本のような事は日常なのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/30 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/29 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/24 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/18 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/26 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/03 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/18 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/17 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/23 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/09 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る