サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

使ってはいけない集団的自衛権(角川新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • サイズ:18cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-082234-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)

著者 菊池英博 (著)

でっち上げの国難が日本を破滅に導く! 集団的自衛権容認がもたらす日本への影響、憲法第9条の存在意義、長年の米中の関係、トランプイズムの内容を客観的事実に基づいて分析。日本...

もっと見る

使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)

929(税込)

使ってはいけない集団的自衛権

929 (税込)

使ってはいけない集団的自衛権

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.4MB 無制限
Android EPUB 9.4MB 無制限
Win EPUB 9.4MB 無制限
Mac EPUB 9.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

でっち上げの国難が日本を破滅に導く! 集団的自衛権容認がもたらす日本への影響、憲法第9条の存在意義、長年の米中の関係、トランプイズムの内容を客観的事実に基づいて分析。日本が生き延びるための戦略を取りまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

でっち上げの国難が日本を破滅に導く。
使ってはいけない集団的自衛権――トランプが招く極東アジアの地殻変動

朝鮮半島外交、米中関係などを見誤り、時代遅れの外交政策で孤立する日本。しかし、「でっち上げ」の国難で破滅の道へと向かう現政権。その最たるものが「集団的自衛権の行使」だ。日本再生のために採るべき策とは何か? 米国の狙いがどこにあり、世界、東アジアのパワーバランスがどう動くかを冷静に分析、安倍政権の政策のどこに問題があり、どうすることで危機を脱せられるか。21世紀を生き抜くための日本の国家観を提示する一冊。

第1章 集団的自衛権容認で「犠牲になるのは日本」
第2章 旧戦勝国は憲法第9条を絶対に破棄させない
第3章 新自由主義で封じ込められた日本経済 
第4章 新自由主義で作られた階級社会が戦争を招く 
第5章 時代遅れの外交で自滅する日本 
第6章 米国と中国は戦争しない、戦争できない  
第7章 ドナルド・トランプと習近平の時代 
第8章 トランプが変える貿易構造と極東アジアの地殻変動 
第9章 日中・日韓の和解を妨げているものはなにか、どうすれば和解できるか
終章  21世紀を生き抜く日本の国家観
【商品解説】

朝鮮半島外交、米中関係などを見誤り、時代遅れの外交政策で孤立する日本。しかし、「でっち上げの国難」で破滅の道へと向かう現政権。その最たるものが「集団的自衛権の行使」だ。日本再生のために採るべき策とは?【本の内容】

目次

  • 集団的自衛権を使うな――
  • トランプが招く極東アジアの地殻変動
  • 序章 世界の潮流に逆行する日本 
  • 第1章 集団的自衛権容認で「犠牲になるのは日本」
  • 第2章 旧戦勝国は憲法第9条を絶対に破棄させない
  • 第3章 新自由主義で封じ込められた日本経済 
  • 第4章 新自由主義で作られた階級社会が戦争を招く 
  • 第5章 時代遅れの外交で自滅する日本 
  • 第6章 米国と中国は戦争しない、戦争できない  
  • 第7章 ドナルド・トランプと習近平の時代 

著者紹介

菊池英博

略歴
〈菊池英博〉1936年生まれ。東京都出身。東京大学教養学部卒(国際関係論、国際金融論専攻)。政治経済学者。日本金融財政研究所所長。著書に「そして、日本の富は略奪される」「新自由主義の自滅」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

でっち上げ国難が日本に危機を招く

2018/09/13 03:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は「いま、日本は戦後最大の国家的な危機に直面している」という。
これは、安倍首相が言う「国難」とは全く正反対で、北朝鮮や中国からの危機を言いつのって集団的自衛権をいい、憲法9条を改憲しようとすることに対して、「でっち上げ国難」が危機を招いているというのだ。
そもそも集団的自衛権行使の容認は軍事支出を削減したいアメリカの要請。しかし、アメリカは北朝鮮や中国とは敵対しない。それどころか、アメリカと中国とは日本を封じ込める作戦であるというのだから、それにまんまと乗っかっている日本の政治家も「お馬鹿なもの」だ。
アメリカは「日本経済を成長させたことを反省している」のだ。これまでのアメリカからの要求は、郵政民営化にしろ、日本の富の収奪政策。
アメリカは、まだ日本を占領していると勘違いしているのではないか。
トランプが初めて日本に来たときは、横田基地に専用機で乗り付けるというものだった。
アメリカのトランプ政権についても本書は言及し、新自由主義のグローバル化を否定し、アメリカ国内産業の振興に一定の舵を切った政策を評価している。著者は日本も「小さい政府の」の呪縛から脱却すれば、国内需要が喚起され、名目GDPが成長し社会保障費も消費税増税なしで賄えると言う。
日本の国益を優先すれば、アメリカからの要求は断れるはず。

折しも、自民党の総裁選。「安倍首相しか選べない自民党にもはや政権を託すのは、危険だ」と言われているように感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む