サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三谷幸喜のありふれた生活 15 おいしい時間
三谷幸喜のありふれた生活 15 おいしい時間 三谷幸喜のありふれた生活 15 おいしい時間
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/20
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251557-5

紙の本

三谷幸喜のありふれた生活 15 おいしい時間

著者 三谷幸喜 (著)

息子の弁当作りに熱中し、新作舞台に俳優復帰。苦手なトークショーも解禁!? チャレンジの日々にエッセーも新展開へ? 『朝日新聞』連載の第15弾。巻末には、高校時代に描いた似...

もっと見る

三谷幸喜のありふれた生活 15 おいしい時間

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

息子の弁当作りに熱中し、新作舞台に俳優復帰。苦手なトークショーも解禁!? チャレンジの日々にエッセーも新展開へ? 『朝日新聞』連載の第15弾。巻末には、高校時代に描いた似顔絵「内閣総理大臣大会」等を特別収録。【「TRC MARC」の商品解説】

朝日新聞連載の2016年5月19日~17年10月26日掲載分をまとめた単行本第15弾。
24年ぶりに役者として舞台に立った「エノケソ一代記」での苦労話から新作舞台「不信」「子供の事情」の裏話まで、多彩な話題を収録する。
巻末には高校生のころに三谷氏が描いた伊藤博文などの似顔絵を収録。【本の内容】

著者紹介

三谷幸喜

略歴
〈三谷幸喜〉1961年生まれ。脚本家。舞台作品に「子供の事情」、テレビ作品に「真田丸」、著書に「清須会議」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

『おいしい時間 三谷幸喜のありふれた生活15』

2018/08/11 19:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2000年から朝日新聞で週刊の連載が続くエッセイをまとめた15冊目
2016年5月から2017年10月までに掲載された70編を収録

本書の前半は大河「真田丸」後半の放映時期と重なり、後半は舞台「エノケソ一代記」「不信」「子供の事情」の脚本執筆、上演と重なっている

1961年生まれの著者と同世代なら、「ウルトラマン」「サンダーバード」「国盗り物語」「天下御免」などのテレビドラマ、「人工衛星」「馬乗り」などの遊びの思い出に子ども時代がなつかしくなることまちがいなし

巻末には著者が高校時代に描いた似顔絵大会を収録

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ありふれた生活」が戻ってきたような感じのする15巻目

2018/08/19 14:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2000年から朝日新聞に連載されている三谷幸喜のエッセイを単行本化したものも、もう15巻目になってしまった。
本当に初めの頃は、三谷の身辺雑記のようなものが多く、彼の知られざる一面を知るみたいな感じで面白かったのだが、徐々に仕事に関わる話が多くなり、とても「ありふれた生活」とは言えないなあと思いながら読み続けていた。でもまあ、それも仕方なかったのかもしれない。何と言っても三谷の40歳代なのだから仕事の脂がのりきっていた時期だったのだろうから。
それが、このところまたプライベートな話が増えたような気がする。未だ仕事がらみの話が多いのだけれど、その合間に本当に三谷の「ありふれた生活」が垣間見える話が出てくる。で、こっちの話がやっぱり面白いんだよなあ。
子ども向けテレビ番組の話や、『サンダーバード』を親子して楽しむ話、恐竜図鑑から始まる話やら、どうしても息子さん絡みの話が多いのは仕方ないかもしれないけれど、その一つ一つに三谷らしい視点があって、読みながら一人でほくそ笑んでしまう。是非とも、こんな話を続けて欲しいものだ。

この15巻を読んでいて、途中で気づいたこと。
第1巻からずっと挿絵を手がけていた和田誠の絵が、新聞連載の2017年4月から変わったのだけれど、何かあったんでしょうか。
三谷幸喜の文章と共に、それに合わせた人物似顔絵が多く描かれていた和田誠の挿絵もとても好きでいつも楽しみにしていたのだけれど、途中からカットが小さくなって人物似顔絵が少なくなってしまったのが残念だ。和田さんももうお歳だからなかなか似顔絵が描きにくくなったなんてことでなければいいのだけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/03 06:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/31 04:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/12 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/14 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/02 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/22 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む