サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本と暮らせば(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/03
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2347-0
文庫

紙の本

本と暮らせば (草思社文庫)

著者 出久根達郎 (著)

本と暮らして70年、古書店主にして直木賞作家の著者が綴る、本と作家にまつわる芳醇エッセイ。「洋書と電子書籍」「読書人龍馬」「露伴の口吻」「書名の勝利」「伝記の虚実」など、...

もっと見る

本と暮らせば (草思社文庫)

税込 886 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本と暮らして70年、古書店主にして直木賞作家の著者が綴る、本と作家にまつわる芳醇エッセイ。「洋書と電子書籍」「読書人龍馬」「露伴の口吻」「書名の勝利」「伝記の虚実」など、全75篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「本は精神の飢餓を満たすだけではない。実際に空腹を忘れさせてくれるものだ、と幼少期、身を以て知った。
想像の食べ物は、すべておいしい。本物の饅頭は三口か四口であとかたもなくなるが、
書物の御馳走は何度でも味わえて感興が尽きないのである。」(はじめにより)

──幼少期より本に親しみ、半世紀余にわたって古書店業を続けてきた著者が本の魅力を軽妙かつ濃厚に綴る75篇。
【初出は古書業界紙「日本古書通信」ほか】

<目次より>
本を食らう──まえがき 

【1】
当りみかん 
駅前の宿 
米二斗 
『大辞林』余話 
職業当て 
龍馬と竜馬 
女子校に関する 
二百三十五版 
啄木の啄 
追悼集の処分 
名前の読み 
酒は下げ 
着物 
回春室 
堀部安兵衛 
貴族院 
啄木作の春本? 
創作日記 
ある推測 
四月馬鹿 
かくれみの 
天皇の蔵書 
洋書と電子書籍 
読書人龍馬 
教育と長寿 
花子の謎
牧羊犬 
連呼 
東京音頭の熱狂 
図書館絵葉書 
落丁を楽しむ 
轢かれや 
下街と下町 
擬自伝 
夢二の女 

【2】
地、震う 
古本あさる 
チチンプイプイ
借金
刺す 
水の徳 
謄写刷り 
毛布小林 
伏字の弟 
ちょんまげ 
鉄扇 
「不詳」の人 
南国の少女 
露伴の口吻
光雲の落語 
滅茶滅茶 
秀湖と痴遊 
小杉天外の見どころ 
落丁の一種 
滑稽趣味 
羅馬(ローマ)
何者? 
小説? 
月報より 
半泥子 
「車買い」の客 
「万骨」の一人 
孫六先生 
一代の傑作 
百科事典の人 
高山辰三 
書名の勝利 
削除 
故郷の古墳 

【3】
豆腐の如く硬い 
伝記の虚実 
文体の魔術 
「お母さま」は何者か? 
売り口上  
本当の主人公 

なつかしい光景──あとがきに代えて 【商品解説】

両手を失った芸妓と書店主の心温まる話「『大辞林』余話」、新聞の書評原稿が急遽掲載中止になった事件の顛末「擬自伝」など、古書店主が綴る珠玉の書物エッセイ75編。【本の内容】

目次

  • 本を食らう──まえがき 
  • 【1】
  • 当りみかん 
  • 駅前の宿 
  • 米二斗 
  • 『大辞林』余話 
  • 職業当て 
  • 龍馬と竜馬 
  • 女子校に関する 

著者紹介

出久根達郎

略歴
出久根達郎(でくね・たつろう)
1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら文筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短篇集 半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。他に『古本綺譚』『作家の値段』『雑誌倶楽部』『春本を愉しむ』『本があって猫がいる』『隅っこの昭和』『幕末明治 異能の日本人』『桜奉行』『漱石センセと私』など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2018/08/25 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

読書エッセイ・書評 ランキング

読書エッセイ・書評のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。