サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102500-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで (中公新書)新刊

著者 中公新書編集部 (編)

今注目されている日本史の論点は何か、どこまで解明されたのか。「邪馬台国はどこにあったか」「応仁の乱は画期なのか」「江戸時代は「鎖国」だったのか」「田中角栄は名宰相か」など...

もっと見る

日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで (中公新書)

950(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今注目されている日本史の論点は何か、どこまで解明されたのか。「邪馬台国はどこにあったか」「応仁の乱は画期なのか」「江戸時代は「鎖国」だったのか」「田中角栄は名宰相か」など、古代〜現代の29の謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」。しかし鎌倉幕府の成立を1192年とする見方は今や少数派だ、といった話を聞いたことがある人も多いだろう。日本史の研究は日々蓄積され、塗り替えられている。

「邪馬台国はどこにあったか」(古代)、「応仁の乱は画期だったか」(中世)、「江戸時代の首都は京都か、江戸か」(近世)、「明治維新は革命だったのか」(近代)、「田中角栄は名政治家なのか」(現代)など、古代から現代まで各時代の重要テーマに豪華執筆陣が迫る。

いま日本史の世界で注目されている論点は何か、どこまで分かっているのか、この1冊でつかもう。

執筆分担:古代・倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)、中世・今谷明(帝京大学特任教授)、近世・大石学(東京学芸大学教授)、近代・清水唯一朗(慶應義塾大学教授)、現代・宮城大蔵(上智大学教授)【商品解説】

日本史の研究は日々蓄積され、更新されている。古代から現代まで各時代の重要テーマは今どう論じられているのか。豪華執筆陣が迫る。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本史にどっぷり浸りたい方必見

2018/08/27 13:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

邪馬台国はどこにあったか?応仁の乱は画期だったか?江戸時代の首都は京都か、江戸か?明治維新は革命だったのか?歴史の謎解きをこの1冊で。中公新書の記念すべき2500冊目。古代、中世、近世、近代、現代における29の謎に豪華執筆人が迫ります。巻末のブックガイド「日本史をつかむための百冊」で、さらに読書の世界が広がります。日本史の研究は日々蓄積され、塗り替えられています。今注目されている日本史の論点を邪馬台国から現代まで。現代の論点では、いつまでが戦後なのか。沖縄返還か、北方領土問題解決か、戦後を終わらせる難題はまだ多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い内容の宝庫

2018/09/01 21:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代から現代までを、全部で29の最新の研究成果について論点整理した内容です。
 一つの時代を40~50ページ程度でコンパクトに纏められています。詳しく知りたい方のためには、巻尾に参考図書が百冊紹介されているのも良心的。逆説云々といった妄想日本史ではなく、正真正銘の歴史研究家による論述ですので安心感があります。そして、その内容はまさに「逆説」という印象で、とにかく学生時代に学んだ歴史は何だったのかというくらい驚きの連続でした。ただ研究者の書いた本ですので、やや難しい箇所もありますが、最後まで読むことを勧めます。

 具体的には、邪馬台国はどこか、大化改新の真実、道鏡は悪僧か、墾田永年私財法の再評価、元寇勝利の理由は神風ではない、江戸時代の首都はどこか、虚像坂本龍馬等々、興味深い内容の宝庫でした。
 邪馬台国の推論は目から鱗でしたし、元寇神風がいかに杜撰な資料により創造されたのかが分かりました。そろそろ司馬遼太郎が創造した坂本龍馬像を修正してほしいとも思いました。そして何よりも、小泉がやったことは、国民のためではなく、竹下派を潰すためであって、結果として未婚率の増加や少子化を招いたという、とんでも総理だったことが理解できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原始時代の項目が無いのは残念

2018/09/18 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

邪馬台国から象徴天皇制まで、古代・中世・近世・近代・現代の29の論点を解説。巻末にブックガイドがあって親切な構成である。ただし、縄文時代などの原始の項目が無いのは残念で、邪馬台国の所在地論など、評価にやや違和感のある項目もあった。個人的には現代の論点が面白く読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/07 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/15 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む