サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

上皇の日本史(中公新書ラクレ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/09
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書ラクレ
  • サイズ:18cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-150630-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

上皇の日本史 (中公新書ラクレ)新刊

著者 本郷和人 (著)

「上皇」とはどのような存在だったのか? 200年ぶりの天皇譲位を前に、知っておきたい上皇の歴史をわかりやすく解説。現代における天皇・皇室、そして日本と日本人を考えるための...

もっと見る

上皇の日本史 (中公新書ラクレ)

950(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「上皇」とはどのような存在だったのか? 200年ぶりの天皇譲位を前に、知っておきたい上皇の歴史をわかりやすく解説。現代における天皇・皇室、そして日本と日本人を考えるための視座を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

2019年、江戸時代の光格天皇以来、200年ぶりの譲位が行われる。長い天皇の歴史のなかで、「上皇」という存在は、どのような政治的、制度的、社会的な役割を担ってきたのか? その誕生から今日まで、歴史のなかの上皇を、第一人者の人気歴史学者が徹底解説する。【商品解説】

天皇の歴史は「上皇の歴史」だった! 200年ぶりの譲位を前に、今こそ知っておきたい、上皇についてをすべてを徹底解説。【本の内容】

著者紹介

本郷和人

略歴
〈本郷和人〉1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。文学博士。専攻は日本中世政治史、古文書学。著書に「天皇はなぜ生き残ったか」「戦国武将の明暗」「天皇はなぜ万世一系なのか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

紛らわしい題名の本がある

2018/08/10 21:42

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お得意の「間違いだらけ」とか「嘘だらけ」とかの書名をつけていないが、内容が「間違いだらけ」とか「嘘だらけ」とかが当てはまる程度なのに、自分の本の宣伝に熱心で、人様の研究を引き写しにしたような紛らわしい題名の本があるので要注意だ。
 この本にしても「異形の王権」や「室町の王権」の影響を感じる。曹操は「漢王朝の皇帝を廃しません」が、曹丕が献帝から禅譲という形で簒奪しているし、ティムールが「王(ハーン)にならず王の下で実質的な権力」を握ったのは、彼がチンギス・ハンの血筋を引いていないから。もし彼が強引にハーンになったら、エセンみたいになっていたはずだ。ヘンリー8世がイギリス国教会を作り出したのは自身の離婚の為で、いわば御用教会だ。この本に出てくる世界史の例を日本史の中であてはめると、おかしな例を選んでいるみたいだ。信長が中国の歴史に知っていたとしても、有職故実に通じた貴族も同じだろうし、宣教師からヨーロッパの王朝が滅亡する時に皇帝もろとも根絶やしにされる、というのはビザンチン帝国の話だろうか?それなら信長が宣教師から「旧約聖書」に出て来る新バビロニアの王から鄭重に扱われたユダの王イェホヤキンについても聞いていたとしても、おかしくはなくなってしまう。信長が室町幕府を滅ぼしたとはいえ、反信長包囲網を築いた事のある足利義昭が天寿を全うした事が書かれている。秀吉の時代になってから、「命を奪う価値」がなくなったにしても、京から追放された時点では現実に脅威だったのではないか?
 南北朝の合一より「四十年前」とあるから、正平の一統の破綻の時点で南朝の軍事力が存在しなくなったようだが、現実には尊氏・義詮父子や直義のように南朝に下った足利直冬党の存在があったから、室町幕府に南朝まで手が回らなかったのではないか。足利義満が征夷大将軍になった頃なら、懐良親王の征西府が支配していた九州を除くと南朝の脅威がなくなったとは言えるだろうが。
 天皇と武家の関係をアッバース朝のカリフとスンニ派の諸王朝に例えた本があったが、むしろそちらの方が合いそうだ。そして、イスラームに改宗していないフレグによって滅ぼされた。
 あまり納得出来るような内容ではないが、似たような題名の本と違って、著者が自分で考えて書いている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む