サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

石ノ森章太郎の物語 (サンエイムック)(サンエイムック)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/06
  • 出版社: 三栄書房
  • レーベル: サンエイムック
  • サイズ:21cm/384p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7796-3718-6
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

石ノ森章太郎の物語 (サンエイムック)新刊

著者 石ノ森 章太郎 (著)

故郷、トキワ荘、仲間たち、遊び、アニメ制作、そして手塚治虫と萬画宣言! 「青いマン華鏡」「トキワ荘物語」「まんが寄席」「怪談噺チャーイ」「吸血」など、石ノ森章太郎が自身を...

もっと見る

石ノ森章太郎の物語 (サンエイムック)

1,080(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

故郷、トキワ荘、仲間たち、遊び、アニメ制作、そして手塚治虫と萬画宣言! 「青いマン華鏡」「トキワ荘物語」「まんが寄席」「怪談噺チャーイ」「吸血」など、石ノ森章太郎が自身を登場させた15作品を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

青いマン華鏡 3−33
トキワ荘物語 35−46
ぼくの部屋にはベートーベンのデスマスクがあった 47−76

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

石ノ森章太郎が登場するマンガたちは意外に面白い

2018/09/15 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2018年は石ノ森生誕80周年だそうだ。ということは没後20年ということになるが、そちらにはあまり触れられず、もっぱら生誕記念で語られることが多いのは何故だろう。
などということを考えながら、ファンとしてはそれにまつわるものが出るとつい目を通したくなってしまう。テレビドラマはまあ丁寧に作られていたようには思うが、ファンからすればすでに知っていることばかりだったようにも思う。
さらに、この本だ。
全集も揃えているので、今更読むべきものがあるとは思えなかったのだが。
それが、思ったより読み応えがあったというか、面白かったじゃないですか。
石ノ森が描いた自伝的マンガと、石ノ森自身がキャラクターとして登場するマンガが合わせて15編収められている、まさに『石ノ森章太郎の物語』である。
私にとって石ノ森の自伝的マンガと言えば「青いマン華鏡」であり、それが冒頭に収められているのがいい。あとは、何度も描かれているトキワ荘時代のものや、エッセイ・マンガとでも言って良いのかマンガ家仲間との交遊録のようなものなど、石ノ森はけっこう自分のことを描いていたのだと気づかされた。
後半の第二部には石ノ森がキャラクターの1人として登場するマンガが4編収められている。1960年代後半から70年代に描かれたもので、ホラー・テイストのものが多いというのはその頃の石ノ森の気分を表わしているのかもしれない。でも、今読んでも面白いし、ちょうどマンガが子ども向けから世代を広げつつあった頃のものなので、大人マンガのタッチのものがあったりして、それも面白い。
石ノ森章太郎というとすぐ『仮面ライダー』や『秘密戦隊ゴレンジャー』とか『サイボーグ009』とかが取り上げられることが多いが、意外にこの本のようなマンガの方が隠れた面白さがあって良かった。
なんだか久しぶりに、石ノ森マンガを読み倒してみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

致命的な誤植あり

2018/08/12 18:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

石ノ森先生の作品といえば、1998年頃から単発で発売していたshotaro worldは今では手に入らないし、2006年頃に発売した萬画大全集はセット販売のみだったため、当時ファンの間では非常に不評でした。そのため手塚先生や藤本先生、水木先生のような手に入れやすい全集が残念ながらありません。
 そのために読み切り短編作品に関しては、石ノ森関連本におまけで載ったりした作品を少ししか読んだことがなかったので、今回のこの本のように、自伝的短編を一冊にまとめた本を読むことができたのは良かったです。
 ただし初版第1刷発行の本では以下のような致命的な誤植が二か所ありました。

 「1988年に60才で亡くなる…」とありますが、正しくは「1998年」です。また「34年間に及ぶ作家生活…」ではなく、「44年間」です。石ノ森ファンとしては、この部分に関して非常に残念に感じました…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マンガ評論・読み物 ランキング

マンガ評論・読み物のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む