サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

実歴阿房列車先生(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206639-7
文庫

紙の本

実歴阿房列車先生 (中公文庫)

著者 平山 三郎 (著)

貴君、僕は大阪へ行って来ようと思う−。1950年秋、この一言から汽車に乗りたかった内田百間の「阿房列車」シリーズは始まった。5年間の全行程に同行した著者が、百鬼園の旅と日...

もっと見る

実歴阿房列車先生 (中公文庫)

1,080(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貴君、僕は大阪へ行って来ようと思う−。1950年秋、この一言から汽車に乗りたかった内田百間の「阿房列車」シリーズは始まった。5年間の全行程に同行した著者が、百鬼園の旅と日常を豊富なエピソードを交えて綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

貴君、僕は大阪へ行って来ようと思う――。一九五〇年秋、この一言から汽車に乗りたかった内田百間の『阿房列車』シリーズは始まった。以後、五年間にわたる全行程に同行した〈ヒマラヤ山系〉こと元国鉄職員の著者。百鬼園の旅と日常を豊富なエピソードを交えつつ綴った好エッセイ。解説・酒井順子【商品解説】

著者紹介

平山 三郎

略歴
一九一七(大正六)年東京生まれ。作家。法政大学文学部日本文学科卒業。三二年鉄道省東京鉄道局に就職。運輸省誌『大和』、日本国有鉄道誌『國鐵』の編纂に従事する。五〇年から五五年頃、内田百間の阿房列車に同乗。七一年より『内田百間全集』の編集・校訂にあたる。二〇〇〇(平成一二)年没。主な著書に『詩吟酒の人』『わが百鬼園先生』など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

鉄道紀行にあらず

2018/10/13 22:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は、阿房列車でおなじみの内田百聞の汽車旅に毎回同行した国鉄職員平山三郎である。著者が身近でみた内田百聞の人柄を彷彿とさせるエピソードがちりばめられている。1等車で旅三昧となれば裕福に思えるが、そうでもなかったようである。日本郵船の嘱託になったときの部屋の番号が主人にふさわしい無資産に通じる643。久々に洋服を新調する際、洋服店に出向いての採寸が面倒なため、奥さんが30年前のズボンと10年前の上着を三越に持参した等々。また、鉄道紀行作家の印象が強いが、小鳥を書いた作品が多いとか校正に対する厳しい姿勢等作家内田百聞の実像を知るには良き一冊である。しかしながら、国鉄職員による著作となれば、鉄道に関する詳細の記述を求める読者には期待外れであろう。著者は、「私は国鉄職員だから、汽車が好きかきらいかと訊かれれば、まあ、嫌いではないとこたえる程度だ。」と記述している。鉄道好きにとっては、垂涎の立場にいながら、なんとももったいない話であるが、世の中往々にしてこうしたものか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/13 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。