サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ルイ・アルチュセール 行方不明者の哲学(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/21
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431738-8
新書

紙の本

ルイ・アルチュセール 行方不明者の哲学 (岩波新書 新赤版)

著者 市田良彦 (著)

「哲学と政治において「行方不明者」でなければならない。それが「私」の存在だ」 現代思想を代表するマルクス主義理論家か、妻を殺めた狂気の人か。知られざるアルチュセールの哲学...

もっと見る

ルイ・アルチュセール 行方不明者の哲学 (岩波新書 新赤版)

929(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「哲学と政治において「行方不明者」でなければならない。それが「私」の存在だ」 現代思想を代表するマルクス主義理論家か、妻を殺めた狂気の人か。知られざるアルチュセールの哲学を浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

現代思想を代表するマルクス主義理論家か、妻を殺めた狂気の人か。知られざるアルチュセールの哲学。【本の内容】

著者紹介

市田良彦

略歴
〈市田良彦〉1957年生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。著書に「存在論的政治」「革命論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

スピノザを読むアルチュセール

2018/09/27 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:倉田 昌紀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

〈ルイ〉という「いる」「いない」という出自の自己条件を、生涯を通してどのように引き受けていったかという課題を通奏低音のように響かせながら、『資本論を読む』の序文や未完となった『再生産について』のなかの「イデオロギーと国家のイデオロギー装置」について、いかにスピノザの読みが、影響しているかを中心視点として、アルチュセールに迫った著作と読ませて頂きました。
 アルチュセールの解説本は多くありますが、この著作の特徴はスピノザの読みとの関係というところに焦点を絞り切ったという内容にあるのではないでしょうか。
 その読みの経過を恋人への手紙を通して、その読みの変化を辿りながら本書は展開されていきます。スピノザを中心にして、デカルト、パスカル、マキャヴェッリの著作とフーコー、ラカンとの影響関係が重ねられて論じられてもいます。
 ルイ・アルチュセールの複雑と思われる哲学が、いかにして形成されていったのか、そして何を時々に考え、自己の条件を「ルイ・アルチュセール」として引き受け生涯を迎えたかということが、必然と偶然の「回転扉」のように、著者・市田良彦氏のアルチュセールが、「謝辞」で述べられているような、特徴のある内容として語られているのではないでしょうか。
 私は、今は亡き西川長夫先生がフランス留学から帰って来られた時の学生で、翻訳をされながらアルチュセールのことを学ばせてもらった一人なので、どのようなことが書かれているのかと思い、書店で見ることなく予約注文をし、hontoで購入させて頂きました。
 新書本ですので、ページ数が限られていることでしょうが、「帯文」で、浅田彰氏が書かれているような内容には、私には読むことができませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む