サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

【HB】丸善×hontoブックツリー  丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

音叉
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/17
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:17×19cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-27978-7

紙の本

音叉

著者 エドワード・ゴーリー (著),柴田元幸 (訳)

シオーダみんなの鼻つまみ。ただいるだけで不快の極み。話といい服装といい、聞いても見ても、頭がキィィ! 独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画が特徴のエドワード・ゴ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シオーダみんなの鼻つまみ。ただいるだけで不快の極み。話といい服装といい、聞いても見ても、頭がキィィ! 独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画が特徴のエドワード・ゴーリーによる絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドワード・ゴーリー

略歴
〈エドワード・ゴーリー〉1925〜2000年。シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表した。挿画、劇場の舞台美術なども手がけた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

翻訳という仕事

2018/11/30 03:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あられ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2000年に没したエドワード・ゴーリーの新しい絵本が、2018年に日本語訳で出るとは!(しかも、というか、もちろん、というべきか、翻訳は柴田元幸さん)……という企画の3冊目。

本文は原文(英文)と柴田さんのすばらしい日本語訳(押韻がすてき)が同時に読める形式で、巻末の「訳者あとがき」で、やはり柴田さんによりよりストレートな訳(散文訳)が読めます(例によって)。

作品についての解説はこの「訳者あとがき」に詳しいですが(表紙にある著者名、Eduard Blutigについても解説されています)、ストーリーが(ゴーリーにしては)単純なこの絵本、来歴は全然単純ではなく、興味をそそられることしきり。何か新たにわかることがあったら増刷時に補記すると柴田さんが書いておられ、増刷如何も気にかかることになります。

それにしても、エドワード・ゴーリーの絵は本当に魅力的です。見ていて飽きることがありません。この絵本の水の表現など、ゴーリーは描きながら何を考えていたかな……と想像するのも楽しいです(案外、「おなかすいたな」みたいなことかもしれませんが)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/12/09 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。