サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 工作・手芸・クラフトの通販
  5. グラフィック社の通販
  6. 樹脂封入標本の作り方 生物を美しく記録する魔法の工作 生物を包む珠玉の透明樹脂の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

樹脂封入標本の作り方 生物を美しく記録する魔法の工作 生物を包む珠玉の透明樹脂
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/10
  • 出版社: グラフィック社
  • サイズ:25cm/123p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7661-3148-2

紙の本

樹脂封入標本の作り方 生物を美しく記録する魔法の工作 生物を包む珠玉の透明樹脂

著者 根津 貴博 (著)

透明の樹脂の中に閉じ込めることにより、生物を生きてる時に近い状態で、美しく保つ魔法の工作「樹脂封入標本」。植物・菌から、虫、脊椎動物まで、作り方を写真やイラストで解説する...

もっと見る

樹脂封入標本の作り方 生物を美しく記録する魔法の工作 生物を包む珠玉の透明樹脂

2,160(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

透明の樹脂の中に閉じ込めることにより、生物を生きてる時に近い状態で、美しく保つ魔法の工作「樹脂封入標本」。植物・菌から、虫、脊椎動物まで、作り方を写真やイラストで解説する。封入標本の知識も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

透き通る樹脂の中に蘇る動植物の世界。【本の内容】

著者紹介

根津 貴博

略歴
〈根津貴博〉封入標本作家。ウェブショップ「AtelierΦ」での封入標本販売の傍ら、東京・上野動物園の両生爬虫類館ほか公的機関に作成した骨格標本を納入。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

しっかりと「一から」作り方を紹介。

2018/11/06 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名な観光地でもある山のふもとの資料館でたくさんの植物の樹脂標本を見たことがある。大きさや色や細かい枝分かれの仕方まで、立体的なので方向を変えてみれば細かい部分も良くわかる。平たく乾燥した標本ではわからない「同じ葉の表と裏」も見ることができる利点が印象的だった。

こういう良い特徴のある樹脂封入標本の作り方を本書は基本から説明する。植物だけでなく昆虫や魚類・爬虫類など、さまざまな種類が具体例を使って標本の作製から完成までが写真付で載っている。「作ってみたい」と思う人にはとても役に立つと思う。著者は独学でさまざまに学んだという。それもあるからだろう、失敗の原因や注意する点などがとてもわかりやすい。

読んでみると良くわかるが、標本を作るまでにも、封入にも何回かに分けての乾燥がある。時間と手間のかかる作業であるが、それだけに作品への思い入れもひとしおだろうと感じられた。

イマドキの著書らしく、著者のWebサイトも載っているところも親切。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

工作・手芸・クラフト ランキング

工作・手芸・クラフトのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む