サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 草思社の通販
  6. 大名家の秘密 秘史『盛衰記』を読むの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大名家の秘密 秘史『盛衰記』を読む
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/20
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2353-1

紙の本

大名家の秘密 秘史『盛衰記』を読む

著者 氏家幹人 (著)

将軍家光とお風呂で指切りした松平頼重、罪人の刑死体の解剖を観察した松平頼常…。18世紀半ばに高松藩士・小神野与兵衛がさまざまな逸話を記録した「盛衰記」などの諸史料から、江...

もっと見る

大名家の秘密 秘史『盛衰記』を読む

2,160(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

将軍家光とお風呂で指切りした松平頼重、罪人の刑死体の解剖を観察した松平頼常…。18世紀半ばに高松藩士・小神野与兵衛がさまざまな逸話を記録した「盛衰記」などの諸史料から、江戸前期の苛烈な武士世界を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

家康の子、孫、ひ孫の、奇矯な行状!
宿場の焼き討ち指令──〈水戸藩・初代〉徳川頼房(よりふさ)
屍(しかばね)漂う川を遊泳──〈水戸藩・2代〉徳川光圀(みつくに)
将軍家光とお風呂で指切り──〈高松藩・初代〉松平頼重(よりしげ)
罪人試し斬りと解剖──〈高松藩・2代〉松平頼常(よりつね)

高松藩士・小神野(おがの)与兵衛が十八世紀半ばに記した『盛衰記』。
そこには、高松松平家やその本家の水戸家の殿様たちの生々しい行状や、大名父子の壮絶な確執、
大名と家臣たちの濃密すぎる関係性が鮮明に描かれている。
武士の忠臣美談など「武士道」のイメージとはまるで異なる、江戸前期の激越な武士世界をつまびらかにする。【商品解説】

目次

  • 序章 三人の殿様の死─頼房、頼重、頼常
  •  寛文元年(一六六一)─水戸藩初代・徳川頼房の臨終と、息子頼重(英公)との和解 
  •  元禄八年(一六九五)─龍になって昇天した、高松藩初代・松平頼重(英公)
  •  宝永元年(一七〇四)─あまりに冷静な死の迎え方、高松藩二代・松平頼常(節公)
  • 第一章 歴史を編んだ男たち
  •  高松藩主の「秘史」を描いた小神野与兵衛の『盛衰記』
  •  いくつも生まれた『盛衰記』の写本
  •  『盛衰記』を批判し『消暑漫筆』を書いた中村十竹
  •  中村による間違い探し

著者紹介

氏家幹人

略歴
〈氏家幹人〉1954年福島県生まれ。東京教育大学文学部卒業。歴史学者(日本近世史)。著書に「江戸時代の罪と罰」「かたき討ち」「江戸人の性」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2018/12/07 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。