サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2018/10/05
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:26cm/47p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-8434-4
絵本

紙の本

アリになった数学者 (たくさんのふしぎ傑作集)

著者 森田真生 (著),脇阪克二 (イラスト)

ある日、アリになってしまったぼく。アリになる前、ぼくは普通の人間の数学者だった。ぼくは数学について、アリたちと語り合いたいと思い…。アリになって考え感じる人間の数学とは?...

もっと見る

アリになった数学者 (たくさんのふしぎ傑作集)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある日、アリになってしまったぼく。アリになる前、ぼくは普通の人間の数学者だった。ぼくは数学について、アリたちと語り合いたいと思い…。アリになって考え感じる人間の数学とは? 世界の見え方、感じ方がかわる本。【「TRC MARC」の商品解説】

数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」は、そもそも、その数や図形とはなにか? と考える学問です。そんな「数学」の世界を探求する数学者は、ある日気がつくと、アリになっていました。数学者は、アリたちと数学について語りあいたいと願います……。さて、アリたちに人間の数学、「数」は理解されるのでしょうか? 数を通してこの世界をどう理解するか。アリたちが導くあたらしい数の世界へ。【商品解説】

著者紹介

森田真生

略歴
〈森田真生〉1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。国内外で「数学の演奏会」を開催。「数学する身体」で小林秀雄賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

数とアリから哲学へ。

2019/01/27 11:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の見開きから引き込まれてしまった。左ページは墨一色で荒っぽい雨の絵。右ページはわりにリアルなアリが中央に小さくいて、その下に一言「ぼくは、アリになってしまった」。

なんだかカフカを連想。そのせいでこちらも読み方が哲学的にはまったのだろうか。

アリになったぼくが「アリと数」を考えていくことを通して、こちらもどんどん「どんなふうに理解しているのか」を考えてしまっていた。こうなると「アリ」を「宇宙生命」に置き換えてもいいぐらいに思えてしまう。理解や表現の方法が「理解や表現」できない相手もいるのかも。。。

そんな十分に哲学的でもある文章を取り巻いている絵は最初に書いたような絵ばかりでなく、さまざま。稚拙な線描きだったり、ほんわりとした花の絵だったり、数式の羅列だったり・・。どれもどこか「そこでぼんやり考える」雰囲気を作り出しているようだ。

アリが運ぶ植物の実が「アスパラガスの実」なのにはちょっと驚いた。こんなの、ほんとに見たことある人は少ないんじゃないだろうか(偶然私は知っていたけど)。

なんとも不思議な、でもなにかの本質に触れるような感覚を持たせてくれる絵本だった。「小学校中級から」と読書対象が書いてあるが、そういう区分が無意味に感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学は

2019/03/28 00:10

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃から苦手だったが、アリになって考えてみたら、理解しやすくなるかもしれない。
どこかで、もう一度勉強したい気持ちがあったので参考にしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/11/08 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/30 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/16 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/25 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/01 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/27 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。