サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0115-18)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 音楽の通販
  5. 臨川書店の通販
  6. 「いやし」としての音楽 江戸期・明治期の日本音楽療法思想史の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/10/10
  • 出版社: 臨川書店
  • サイズ:22cm/287p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-653-04368-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

「いやし」としての音楽 江戸期・明治期の日本音楽療法思想史 (日文研叢書)

著者 光平 有希 (著)

江戸期及び明治期における日本音楽療法思想の形成過程と独自性を、江戸期の養生論と明治期の西洋医学受容との関係の中で解明。とりわけ、音楽療法の思想史的局面に焦点を当てて考察す...

もっと見る

「いやし」としての音楽 江戸期・明治期の日本音楽療法思想史 (日文研叢書)

税込 6,380 58pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸期及び明治期における日本音楽療法思想の形成過程と独自性を、江戸期の養生論と明治期の西洋医学受容との関係の中で解明。とりわけ、音楽療法の思想史的局面に焦点を当てて考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸期・明治期における日本音楽療法思想の変遷過程及び独自性を、江戸期養生論と明治期西洋医学受容との関係から解明する

本書は、現在日本で行われている音楽療法が、これまで広く思われてきたような戦後アメリカを中心とした西洋諸国の音楽療法論の受容に端を発するものではなく、江戸期以前より蓄積されてきた思想的土壌の上に明治期西洋医学を受容し、独自性をもって発展してきたものであることを、緻密な調査により解明するものである。


【目次】

序論

第1章 江戸期日本養生論にみられる予防医学としての音楽―貝原益軒の養生論を中心に―
第1節 江戸期に刊行された養生書における音楽
第2節 江戸初期にみられる音楽効能説へのまなざし
第3節 貝原益軒の養生論における音楽思想
第4節 蘭学を通じて伝達された西洋の音楽療法論

第2章 明治前期における音楽療法の黎明―神津仙三郎『音楽利害』を中心に―
第1節 明治前期における西洋音楽療法論の流入
第2節 神津仙三郎『音楽利害』執筆の背景及び全体の構成
第3節 『音楽利害』「音楽の衛生に関する事」の典拠と内容
第4節 『音楽利害』における音楽療法思想の特徴 

第3章 明治後期における音楽療法の展開―呉秀三による音楽療法実践を中心に―
第1節 西洋音楽療法受容の勃興
第2節 呉秀三による東京府巣鴨病院での音楽療法実践
第3節 酒井勝軍の音楽療法論
第4節 こしのみねによる西洋音楽療法の紹介
第5節 イギリス及びフランス音楽療法論の普及
第6節 音楽療法効果の測定へ

結論/リスト/参考文献/あとがき/索引【商品解説】

目次

  • 序論
  • 第1章 江戸期日本養生論にみられる予防医学としての音楽
    • 第1節 江戸期に刊行された養生書における音楽
    • 第2節 江戸初期にみられる音楽効能説へのまなざし
    • 第3節 貝原益軒の養生論における音楽思想
    • 第4節 蘭学を通じて伝達された西洋の音楽療法論
  • 第2章 明治前期における音楽療法の黎明
    • 第1節 明治前期における西洋音楽療法論の流入
    • 第2節 神津仙三郎『音楽利害』執筆の背景及び全体の構成
    • 第3節 『音楽利害』「音楽の衛生に関する事」の典拠と内容

著者紹介

光平 有希

略歴
〈光平有希〉1982年広島県生まれ。総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻博士後期課程修了(博士:学術)。国際日本文化研究センター機関研究員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。