サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

冷血 下(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/27
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/440p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-134726-4
文庫

紙の本

冷血 下 (新潮文庫)

著者 高村薫 (著)

容疑者はすでに犯行を認め、事件は容易に「解決」へ向かうと思われたが、二転三転する供述。幾層にも重なっていく真実。都市の外れに広がる「荒野」を前に合田が抱いた決意とは? 生...

もっと見る

冷血 下 (新潮文庫)

724(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

容疑者はすでに犯行を認め、事件は容易に「解決」へ向かうと思われたが、二転三転する供述。幾層にも重なっていく真実。都市の外れに広がる「荒野」を前に合田が抱いた決意とは? 生と死、罪と罰を問い直す長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

井上克美、戸田吉生。逮捕された両名は犯行を認めた。だが、その供述は捜査員を困惑させる。彼らの言葉が事案の重大性とまるで釣り合わないのだ。闇の求人サイトで知り合った男たちが視線を合わせて数日で起こした、歯科医一家強盗殺害事件。最終決着に向けて突き進む群れに逆らうかのように、合田雄一郎はふたりを理解しようと手を伸ばす──。生と死、罪と罰を問い直す、渾身の長篇小説。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

そこに救いはあるか

2018/12/16 00:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バームカステラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った高村薫さんの合田雄一郎シリーズの文庫であった。高村さんの作品は全てを通じて読むのに時間を要する。話が緻密であるのもそうだが、重厚であるがゆえにじっくりと付き合っていかないと内容が頭に浸透して行かないのである。今回もその御多分に洩れぬ重厚さだった。
内容としては、ある二人の男がクリスマスの日に歯科医師宅での強盗殺人をはじめとした犯罪を起こし、その二人の罪と事件の真相に合田が向かって行く話である。はっきり言って、全体を通じて事件の真相はぼやけたままである。何故なら、彼らは目的があって一家殺人を企てたわけではなく、成り行き上で「何となく」殺したからである。この「何となく」が合田をはじめとする事件を捜査する人間を苦しめてゆく。
理由の無い犯罪ほど、救い様の無いものは無く、訳も無く犯罪を起こす者ほど、裁き様が無い。それ故、彼らは罪には問えるがその罪が適正なのかが判然としないのだ。
合田も担当刑事として彼らと向き合う中で、報われない気持ちに襲われてゆくが、それが逆に合田の人間としての苦悩を克明に描いている要因となっており、ますます合田の人間臭さが好きになってゆくのである。
それと同時に、読んでいる者たちに「お前たちにこいつらを確実に裁けるか」と高村薫自身が挑戦状を叩きつけた感覚にもなる。私自信の感覚で言えば、何も考えない突発的な行動は誰しもあるものだが、それが殺人などの犯罪に直結するかと言えば、そうとは限らない。しかし、誰しもが結果としてそうなることもあり得る。要は、「お前たちもいずれはこうなる運命がどこかにあるんだよ」と伝えているような気がしたのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/06 08:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/05 06:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/01 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/06 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/06 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/31 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。