サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライフ・オブ・ラインズ 線の生態人類学
ライフ・オブ・ラインズ 線の生態人類学 ライフ・オブ・ラインズ 線の生態人類学 ライフ・オブ・ラインズ 線の生態人類学
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/25
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:20cm/317,24p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1626-9
  • 国内送料無料

紙の本

ライフ・オブ・ラインズ 線の生態人類学

著者 ティム・インゴルド (著),筧 菜奈子 (訳),島村 幸忠 (訳),宇佐美 達朗 (訳)

結ぶこと、天候、歩くこと、成長すること、人間になること…。自由な発想で世界にさまざまなラインを見いだす。人類学者ティム・インゴルドのライフワーク「ライン学」の到達点。「ラ...

もっと見る

ライフ・オブ・ラインズ 線の生態人類学

3,024(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結ぶこと、天候、歩くこと、成長すること、人間になること…。自由な発想で世界にさまざまなラインを見いだす。人類学者ティム・インゴルドのライフワーク「ライン学」の到達点。「ラインズ」続編。【「TRC MARC」の商品解説】

世界から注目される人類学者、
ティム・インゴルドのライフワーク
「ライン学(=linealogy)」の到達点。

結ぶこと、天候、歩くこと、成長すること、人間になること……
見たことのない自由な発想で、この世界にさまざまなラインを見いだす。
哲学、生態学、気象学、人類学の境界を踏み超えて自在に歩き回る、
人類学者インゴルドの驚くべき「線」の探求の旅。

線を作りだすことは、人間になること──

「たとえ意識されることがなかったとしても、道を歩いたことがある者、布を縫ったことがある者、動物を追いかけたことがある者、詩を朗読したことがある者、図を描いたり手紙を書いたりしたことがある者、──つまるところ、実際に生きている者であれば誰もがそれ〔「ライン学」〕に携わってきた。」(本書より)

たとえ意識していなくても、道を歩いたり、布を縫ったり、動物を追いかけたり、詩を朗読したり、図を描いたり、手紙を書いたりしたことがあれば、つまり、実際に生きているわたしたち人間誰もが、「ライン学」の研究者といえる。

つまり、わたしたち人間は誰もが、「ライン学」の研究者といえるのだ。
そのように説くインゴルドは、本書において、歩くこと、織ること、観察すること、歌うこと、物語ること、描くこと、書くことといった、人間が紡ぎ出す文化の中にあるラインを見出しながら、「結び目をつくること」「天候にさらされること」「人間になること」という3つの枠組みを手がかりに、「ライン学(=linealogy)」をさらに広い視点から考察していく。

本書では、インゴルド自身が提唱する社会的生命論から、ベルクソン、ジェイムズ・ギブソンやメルロ゠ポンティ、ドゥルーズ゠ガタリ、そしてオルテガ・イ・ガセットの人間論やハンナ・アレントのリーダーシップ論、教育哲学者ヤン・マッシェラインを引き合いに出しながら、バクテリアの細胞と鞭毛、画家マティスの《ダンス》、タコとイソギンチャク、小説家イタロ・カルヴィーノの書く「結び目」、グレアム・ハーマンのオブジェクト指向存在論(OOO)、ロープの結び目と木の継ぎ目、さらには壁、山と摩天楼の差異、地面、知識へと関心を遷移させ、次いで風、つむじ風、渦巻き、風と歩行、足跡、天候を知覚することと世界、大気と雰囲気、空気、空、太陽の光、色、音とメロディにまで考察を広げ、さらには人間化することについて、人間形成、成長することと作ること、行なうことと経験すること、服従することと熟練すること、あいだにあるもの、中動態、調和といった思考に深化させていく。

哲学、社会学、生態心理学、芸術学、考古学、建築学など多様な領域をクロスオーバーする人類学研究を精力的に展開するインゴルドによる、「ライン(線)の生態人類学」の決定的一冊。

「人間…【商品解説】

目次

  • 序文
  • 第1部 結び目をつくること
  • 1 ラインとブロブ(小さな塊)
  • 2 タコとイソギンチャク
  • 3 対象のない世界
  • 4 物質、身振り、感覚、感情
  • 5 結び目と接ぎ目について
  • 6 壁
  • 7 山と摩天楼

著者紹介

ティム・インゴルド

略歴
〈ティム・インゴルド〉1948年生まれ。イギリスの人類学者。アバディーン大学で教鞭をとる。著書に「ラインズ」「メイキング」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)