サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 日本経済新聞出版社の通販
  6. 見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/19
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-32238-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!

著者 木村尚敬 (著),沼田俊介 (著)

AI、IoTなど、製造業の競争力向上の要となるテクノロジーの効果を、どうすれば最大限発揮できるのか。「見える化1.0」から「4.0」の4ステップに沿って、ダントツの競争力...

もっと見る

見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!

1,728(税込)

見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!

1,728 (税込)

見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.4MB 無制限
Android EPUB 12.4MB 無制限
Win EPUB 12.4MB 無制限
Mac EPUB 12.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

AI、IoTなど、製造業の競争力向上の要となるテクノロジーの効果を、どうすれば最大限発揮できるのか。「見える化1.0」から「4.0」の4ステップに沿って、ダントツの競争力の身につけ方を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

IGPIのコンサルタントが提言!
「現場再生」のスペシャリストだから語れる4ステップ進化法!

AIもIoTも、製造業の競争力向上の要となるテクノロジーであることは間違いない。
しかし、多くの日本企業が、そのメリットを最大限享受するまでには到っていない。
このままでは、グローバル競争に取り残されてしまう危険性も否定できない。

「いかにIoTを活用しようが、ビジネスモデルを進化させようが、
モノづくりの基本ができていないと意味がない」と著者たちは強調する。

本書では、まず「見える化1.0」「2.0」「3.0」というモノづくりの土台を
しっかりと築いたうえで、新しいモノづくりの姿である「見える化4.0」を提唱する。
すぐにでも手をつけられる具体的な施策が満載の1冊だ。


【「見える化」進化の4段階】

見える化1.0=儲けの構造の見える化
グローバル化の進展で複雑化する組織・製品をきちんと仕分けて
原価・儲けの構造を解き明かしていく。
「どの拠点、どの顧客、どの製品が儲かっているのか/いないのか」
という一番大事な情報を明らかにする。

見える化2.0=プロセスの見える化
顧客のニーズを製品企画にしっかり取り込むのと同時に、
モノづくりのプロセス全体を一気通貫に見える化して重複や無駄を省く。

見える化3.0=稼ぐポイントの見える化
モノを売るだけでなく、それをサービスモデル化することで、
収益の構造を根本から見直す。
PLモデルから、バランスシートモデルへ、頭を切り換える必要がある。

見える化4.0=リアルタイムの見える化
IoTを活用すれば、各種のデータをリアルタイムで取得できる。
それらを分析することで、バリューチェーンのあちこちに、
それぞれの企業にあった「儲けの戦略」が見えてくる。【商品解説】

目次

  • まえがき──IoT時代の新しいモノづくりのあり方
  • プロローグ──「インダストリー4・0」は「見える化4・0」
  • -「創る」→「作る」→「造る」の再定義
  • -「上からの標準化」と「ブラックボックス化」のせめぎあい
  • -「何をつくるか」よりも「どこで稼ぐか」がポイント ほか
  • 見える化1.0 儲けの構造を把握する
  • -御社の「原価の見える化」のどこが問題か
  • -工数ベースで原価計算すれば、製品・工場ごとの実力がわかる

著者紹介

木村尚敬

略歴
〈木村尚敬〉(株)経営共創基盤パートナー取締役マネージングディレクター。グロービス経営大学院教授。
〈沼田俊介〉(株)経営共創基盤パートナーマネージングディレクター。ものづくり戦略カンパニー長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本のものづくり再生のための書です!

2018/10/21 12:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、日本のものづくりの再生を目指して書かれた作品です。現代のグローバル社会においては、ぼやぼやとしていては時代に取り残されてしまいます。ものづくりも同様で、これまで日本の強みとされてきましたが、従来の方法では取り残されていくことが明らかです。本書は、そのものづくりを強くするためのステップを解説したしものです。それは「見える化」と言う形で、だれにでも分かる形で示していくことが基本となります。見える化1.0「儲けの構造の見える化」、見える化2.0「プロセスの見える化」、見える化3.0「稼ぐポイントの見える化」、そして、見える化4.0「リアルタイムの見える化」です。こうした見える化ステップによって、ものづくりはより強力になっていくこと間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/21 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

工業経済・経営 ランキング

工業経済・経営のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。