サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

楊花飛ぶ 原采蘋評伝
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/29
  • 出版社: 九夏社
  • サイズ:20cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-909240-01-9

紙の本

楊花飛ぶ 原采蘋評伝

著者 小谷 喜久江 (著)

幕末前夜の福岡秋月藩。父の遺言を胸に日本全国を旅し、各地の一流知識人と詩酒を交わして回った男装・帯刀の女性漢詩人がいた−。男性と肩を並べ、漢詩壇の花形として一世を風靡した...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幕末前夜の福岡秋月藩。父の遺言を胸に日本全国を旅し、各地の一流知識人と詩酒を交わして回った男装・帯刀の女性漢詩人がいた−。男性と肩を並べ、漢詩壇の花形として一世を風靡した原采蘋の生涯を詩とともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸末期、旅と酒と詩に生きた男装・帯刀の女性漢詩人の鮮烈なる生涯と詩【商品解説】

目次

  • 第一章 少女時代
  • 第二章 修行時代
  • 第三章 京都への旅立ち
  • 第四章 江戸への旅立ち
  • 第五章 江戸での二十年間
  • 第六章 房総遊歴
  • 第七章 帰郷
  • 第八章 終焉

著者紹介

小谷 喜久江

略歴
1947年、千葉県南房総市に生まれる。法政大学文学部英米文学科卒業。豪州Macquarie University MASTER OF ARTS WITH HONOURS修士号取得。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程修了。著書に『江戸期おんな表現者辞典』(現代書館、共著)、『女性漢詩人原采蘋 詩と生涯』(笠間書院)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

幕末の閨秀詩人についての佳品

2019/06/13 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:グラス - この投稿者のレビュー一覧を見る

原采蘋評伝と副題にある通り、彼女の生涯を漢詩とともに追った佳品である。
江馬細香を通じて原采蘋を知った小生ではあるが、漢文が得意なわけでもなく、読み下し文が添えられた本書は、一般向けもあって読みやすい。彼女の生涯を知りつつ、彼女の作品も味わえる点でありがたい。アヘン戦争について原采蘋が漢詩に詠っていた事実は、当該作品とともに興味深い一方で、アヘン戦争が東アジアに与えた衝撃の大きさを改めて知ることが出来た。
ただ気になる点もある。例えば2頁の「静岡県加古川」は、後段の内容から「兵庫県加古川」の誤記と判断される。また169頁の「駿田中、本田豊前候藩」の「本田」は「ママ」なのか「作者の誤記」なのかが分からない。田中藩主は「本田」ではなく「本多」である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します日本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。