サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. ちくま文庫の通販
  7. 無敵のハンディキャップ 障害者が「プロレスラー」になった日の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

無敵のハンディキャップ 障害者が「プロレスラー」になった日(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/08
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43550-7
文庫

紙の本

無敵のハンディキャップ 障害者が「プロレスラー」になった日 (ちくま文庫)

著者 北島行徳 (著)

【講談社ノンフィクション賞(第20回)】障害者同士のプロレス、さらには障害者対健常者のマッチメイクで、「清く正しい」障害者像をひっくり返し、世間の度肝を抜いた障害者プロレ...

もっと見る

無敵のハンディキャップ 障害者が「プロレスラー」になった日 (ちくま文庫)

1,026(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【講談社ノンフィクション賞(第20回)】障害者同士のプロレス、さらには障害者対健常者のマッチメイクで、「清く正しい」障害者像をひっくり返し、世間の度肝を抜いた障害者プロレス団体「ドッグレッグス」の、汗と涙と笑いの快進撃を描くノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

「障害者も健常者も同じ人間」。そんな空虚な幻想が健常者の無関心を誘い、障害者の苦悩を呼ぶのなら、ぶちこわすしかない。障害者同士のプロレス、さらには障害者対健常者のマッチメイクで「清く正しい」障害者像をひっくり返し、世間の度肝を抜いた「ドッグレッグス」、汗と涙と笑いの快進撃を描くノンフィクション。ちくま文庫化にあたり、20年後の新たなあとがきを加える。
解説 齋藤陽道【商品解説】

著者紹介

北島行徳

略歴
1965年、東京生まれ。91年、障害者のプロレス団体「ドッグレッグス」を旗揚げし、代表に就任。毎日新聞社学生新聞部「毎日中学生新聞」の契約記者を4年間務め、97年2月よりフリーランスになる。98年、処女作『無敵のハンディキャップ』で講談社ノンフィクション賞を受賞。小説、ノンフィクション、漫画原作と幅広く活動する中、ゲームシナリオも手がける。主な著書にノンフィクションの『ラブ&フリーク』『弾むリング』、小説の『バケツ』『サークル』、漫画原作に『ハマトラ THE COMIC』など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2018年のマイベスト

2019/01/12 13:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

障害者と、彼らを支えるボランティアの世界は、清く正しく美しい善意の世界。でも、著者がボランティア活動の中で目の当たりにしてきたのは、健常者と同じように、女性や酒に目がない人もいれば、お金に汚い人もいる、という現実。善意の世界にいることで、こうした現実に目を塞ぎ、思考停止に陥っているのではないか。こう思った著者は、障害者プロレスという手段で問題提起を行うに至る。
健常者が「障害者の気持ちになって」と言うのは傲慢であり、一方、周囲の健常者の保護を受けながら生きている障害者が「健常者が理解してくれない」と嘆くのは甘えであると斬り落とす。障害者と健常者の理想的な関係とは何か?という問題に模範解答などない。それでも、お互いが生身の人間であることを受け止め合うことで重い扉は開くはず、という著者の強い思いは、障害者プロレスの描写から熱く強く伝わってくる。
21年前に出版され、長らく絶版だった本書を復活してくれたちくま文庫に感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/01/29 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/30 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。