サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 新版(角川新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • サイズ:18cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-082256-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 新版 (角川新書)新刊

著者 村松剛 (著)

恐るべきナチスによるユダヤ人絶滅計画の、実際的推進者であったアイヒマンの思想は、どのように形成されたのか。当時、イスラエルに赴いてアイヒマン裁判を直に傍聴した著者が、この...

もっと見る

ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 新版 (角川新書)

907(税込)

新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像

907 (税込)

新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.7MB 無制限
Android EPUB 6.7MB 無制限
Win EPUB 6.7MB 無制限
Mac EPUB 6.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恐るべきナチスによるユダヤ人絶滅計画の、実際的推進者であったアイヒマンの思想は、どのように形成されたのか。当時、イスラエルに赴いてアイヒマン裁判を直に傍聴した著者が、この謎に独自の光をあてる。〔初版:角川書店 1962年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

アイヒマン裁判を、ハンナ・アーレントらと共に傍聴していた「日本人」作家がいた!
裁判の現場にいた著者による、生々しき傍聴記とアイヒマンの評論。
絶対に許してはならない優生思想と排外主義。その負の歴史を語り継ぐために、当時ベストセラーとなった本書を復刊する。

人類史に残る、恐るべきナチスによるユダヤ人絶滅計画。
その実態と、その背景にある思想は何か、またこの計画の実際的推進者であったアイヒマンの思想はどのようにして形成されたのか。
当時、イスラエルに赴いてアイヒマン裁判を直に傍聴してきた著者が、この謎に独自の光をあてたものである。
まだハンナ・アーレントが著名になる前、裁判の翌年(1962年)に刊行された本書には、「凡庸な悪・アイヒマン」と、裁判の生々しき様子が描かれている。

※本書は一九六二年に角川新書で刊行され、一九七二年に文庫化された作品を復刊し、著作権承継者による解説を加えたものです。
底本には一九七五年の文庫第七版を使用しました。

【商品解説】

アウシュビッツをはじめ、人類史に残る、恐るべきナチスによるユダヤ人絶滅計画。大虐殺に責任のある男・アイヒマン。その裁判の場にいた日本人著者による、生々しき傍聴記とアイヒマンの評伝。ベストセラー復刊!【本の内容】

目次

  • 第一部 地獄からの報告書
  • トレブリンカ第一収容所/トレブリンカ第二収容所(一)/トレブリンカ第二収容所(二)
  • /マイダネック収容所/ヘルムノ収容所/ソビボール収容所
  • 第二部 一殺戮者の肖像
  • 青年/親衛隊員/ユダヤ人/ゲシュタポ/最終解決
  • あとがき(新書版あとがき)
  • アイヒマン裁判覚書―あとがきにかえて―(文庫版あとがき)

著者紹介

村松剛

略歴
〈村松剛〉1929〜94年。東京大学大学院文学研究科仏語仏文学専攻博士課程修了。筑波大学名誉教授。著書に「死の日本文学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アーレント・ブームでの復刊か?

2018/11/10 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「不死身の特攻兵」ブームで菊池寛賞受賞者の高木俊郎の「陸軍特別攻撃隊」が復刊するように、アーレント・ブームで、あの読みづらい「エルサレムのアイヒマン」が判型が変わって出ているように、復刊したのだろうか?
 ハンガリーでのアイヒマンの「仕事」の記述は簡単で、当時はまだ日本ではヴァレンベリが知名度が低いからか、彼の名前は出て来ない。メズーザーに「タルムード」の文句は入っていない。
 中でも意外なのは、ソビボルに配属されたが、どんなところなのか、を知ってユダヤ人を殺さず、虐待もせずに、ユダヤ人達に生き残れるように言葉を残して転属していったシュヴァルツSS少尉という人物が出て来るところ。おそらくメンゲレのように負傷して強制収容所に配属された武装SS将校だろうが、まるでアウシュヴィッツにいた医官で、ユダヤ人の「選別」をしないで、ユダヤ人に見せかけの仕事を与えて戦犯裁判で無罪になったハンス・ミュンヒSS少尉みたいだ。著者には妹の村松英子と共訳の「おお、エルサレム!」がある。この本の著者達は「ドイツ軍最高の戦略家」と称されるも、ユダヤ人虐殺の命令を出した第11軍司令官のエーリヒ・フォン・マンシュタイン将軍麾下の第22歩兵師団の聯隊長だったディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍を主要情報源兼主人公格にした「パリは燃えているか」を書いているが、「おお、エルサレム!」に出て来るユダヤ人の中にはフォン・コルティッツ将軍の言うところの「最悪の仕事」で身内を殺されたり、辛くも生き残れた人もいるかもしれない。南方軍集団司令官だったゲルト・フォン・ルントシュテット元帥の命令というものは初めて読んだが、シュヴァルツSS少尉は南方軍集団麾下の第6軍司令官で悪名高い「ライヒェナウ指令」を発したヴァルター・フォン・ライヒェナウ元帥の義理の姉妹のマリア・フォン・マルツァーン伯爵夫人と彼女が匿ったユダヤ人のように「零時」を迎えられたのだろうか、と思ってしまう。「失われた勝利」で一言もユダヤ人虐殺の命令を書かない、ユダヤ人の血で汚れた「偉大な戦略家」のエーリヒ・フォン・マンシュタインのような人物を「英雄視」するより大事な事だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイヒマンとは何者か

2018/11/17 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイヒマンとは平凡な人間である。そのような人間が、なぜユダヤ人虐殺に大きな役割を果たしたのだろう。アーレントが言う「凡庸な悪」なのであろう。本書は、アイヒマンの人物像を良くも悪くも明らかにしてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。