サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妻のトリセツ(講談社+α新書)
妻のトリセツ(講談社+α新書) 妻のトリセツ(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/20
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/148p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-513339-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

妻のトリセツ (講談社+α新書)

著者 黒川伊保子 (編著)

妻が「いつも不機嫌」「理由もなく怒り出す」「突然10年前のことを蒸し返す」のはなぜ? 脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に、妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対...

もっと見る

妻のトリセツ

税込 810 7pt

妻のトリセツ

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.1MB 無制限
Android EPUB 3.1MB 無制限
Win EPUB 3.1MB 無制限
Mac EPUB 3.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻が「いつも不機嫌」「理由もなく怒り出す」「突然10年前のことを蒸し返す」のはなぜ? 脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に、妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策を指南する。【「TRC MARC」の商品解説】

《37万部突破!》
「行列のできる法律相談所」「世界一受けたい授業」「ザワつく!金曜日」「情報ライブ ミヤネ屋」
「林先生が驚く初耳学!」「羽鳥慎一モーニングショー」「スッキリ」「ノンストップ!」
ほかテレビ・雑誌で大反響!

理不尽な妻との上手な付き合い方とは。
女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう!

妻が怖いという夫が増えている。ひとこと言えば10倍返し。ついでに10年前のことまで蒸し返す。いつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。人格を否定するような言葉をぶつけてくる。夫は怒りの弾丸に撃たれつづけ、抗う気さえ失ってしまう。
夫からすれば甚だ危険で、理不尽な妻の怒りだが、実はこれ、夫とのきずなを求める気持ちの強さゆえなのである(俄には信じ難いが)。本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。
「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。

【本書の内容から】
◆妻の不機嫌や怒りの理由を、むやみに解明しない
◆妻は夫に問題解決を求めていない
◆妻は夫に共感してもらいたいだけ
◆地雷を避ける、会話の“黄金ルール”
◆「おうむ返し」で共感のフリをしよう
◆事実の否定は、心を肯定してから
◆妻を絶望させるセリフ集
例1「今日何してたの?」
例2「だったら、やらなくていいよ」
◆夫には見えていない家事がある
◆「~っぱなし問題」を放置するな
◆直感で決める妻、比較検討で選びたい夫の妥協点
◆メールせよ!「今、小田原通過。満席」
◆記念日を軽んじてはいけない
◆されど記念日の“サプライズ”は逆効果
◆「心と裏腹な妻の言葉」の翻訳集
例1「勝手にすれば」→訳「勝手になんてしたら許さないよ。私の言うことをちゃんと聞いて」(「好きにすれば」は同義語)
例2「どうしてそうなの?」→訳「理由なんて聞いていない。あなたの言動で、私は傷ついているの」

【商品解説】

著者紹介

黒川伊保子

略歴
〈黒川伊保子〉1959年長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業。人工知能研究者、脳科学コメンテイター、感性アナリスト、随筆家。世界初の語感分析法を開発しマーケティングの世界に新境地を開拓。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

納得できたが、アタマにくる

2019/03/08 09:45

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃんすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性側から見た女性脳の丁寧な解説で、とてもわかりやすいです
なぜ理不尽に数十年前のことを今のことのようにわめきだす心理も納得できます


しかし、なんで男性ばっかりが我慢しないといけないのか、全くわかりません
願わくばこの著者に女性向けにもう一冊書いていただいて、男が女性のわけのわからない愚痴を聞いているとアタマがおかしくなると警鐘をならしていただければ幸いです

理不尽のシステムはわかりましたが、男性だけが我慢して方策を練るというのは男女平等に反するのではないですか、平等主義者の方々
平等を唱えるなら男性だけが我慢するのではなく、答えを求めてない独り言を永遠に語られる身にもなってください

結局、離婚しかないんだなとよくわかりました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まるで我が家のことを書いているのかと思うくらい

2018/11/26 11:57

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「妻がいつもイライラしている」「何をしても怒られる」「口調がキツイ」「人格を否定するような言葉をぶつけてくる」「急に怒り出す」…脳科学をベースに男女脳の違いからくる夫婦のすれ違いを紐解き、つれあいの考えていることや行動の理由をズバリと解析。夫向けに書かれた本ではあるものの、逆に妻がこれを読むことで、夫の言動がどうしていつも的外れで、自分を理解してくれないかがわかる内容になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男女の違い

2018/11/02 08:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長年一緒に暮らしても、なかなか、わらりあえない男女。脳科学の立場から、女性脳の仕組みを解き明かしてくれて、わかりやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実践に役立つ本

2019/04/29 06:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てりやき同好会 - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻からは「あなたは女性の気持ちがわかっつていない」といつも言われおり、読みましたが、大変参考になりました。本に書かれているような事を言っていることに気づき、自分を振り返る良い機会になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妻の生態?

2019/04/10 13:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんころしゅーくりーむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすくて一気に読めました。
妻、女性の扱い方を男性に理解のいったんとして進めています。
妻が不機嫌な理由はあるあるですが、この本を読んだからと言って
大丈夫とは言えません(笑)
なかなか女性は奥深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人のふり見てわがふり直せ

2019/03/29 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みー - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の男性だけでなく、
女性が自分を客観視するためにも
読んだほうがよさそう。
ただ、読み進めるうちに、
女性すべてを十把一絡げに
できるのだろうかと思った。
トリセツだから仕方ないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

逆に、妻から夫へのモラハラに免罪符を与えかねない

2019/04/09 07:24

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三木ステマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今は「妻のトリセツ」のような本が売れている。
それだけ妻から夫への精神的DVが家庭ではびこり、苦しんでいる夫が多いことがわかります。

しかし日本の家庭で妻から夫への精神的DVが横行している理由は、「脳の性差」よりも「社会的風潮」。
「妻から夫への暴力・モラハラを大目に見てしまう風潮が蔓延しているから」に尽きると思います。
夫が妻におこなったら確実にDV・モラハラと言われるような言動でも、妻が夫に行う分には「しりに敷かれてる」「鬼嫁w」と軽い言葉ですまされてしまう。そんな理不尽な体験は身近でないでしょうか。

「妻のトリセツ」には『脳科学的に「いい夫」とは、ときに妻の雷に打たれてくれる夫』という表現があり、ある程度は夫は妻から精神的DVされても仕方ないという思想がみてとれますが、これが男女逆で「いい妻とは、ときに夫の雷に打たれてくれる妻」と言えば女性差別とみなされ厳しく批判されるでしょう。
「いい妻とは、ときに夫のDVに耐えてくれる妻」という考え方が社会に受け入れられなくなっているのに、
「いい夫とは、ときに妻のDVに耐えてくれる夫」という思想に貫かれた本書が社会に受け入れられてしまうこと自体、いかに妻から夫へのDVに甘い意識が日本社会で蔓延しているか、よくわかると思います。

筆者は女性が男性にDVをふるう原因を「女性脳」に求めますが、じっさいのところ男性だって女性だって身近な存在への暴力的傾向を持った人はいます。
今の日本人の多くが「男性から女性への暴力・ハラスメントは許さないが、女性から男性への暴力・ハラスメントは甘くみてよい」という意識をもっていること、これこそが家庭における妻から夫への暴力・モラハラに歯止めがかからない状況を生み出しているのだと思います。

そういった社会的要因を無視して、「妻が夫にモラハラするのは女性脳が原因」などと主張する本書は、
むしろ女性から男性へのDVに「だって女性脳だから仕方ない」という「脳科学的」免罪符を与えてしまい、妻から夫へのDVが許されてしまう悪しき風潮に拍車をかけてしまう悪書です。

家庭内で妻からのDVに苦しむお父さんたちを救うためには、
「DVは男→女であっても女→男であっても等しく醜く罪深い」という当たり前の意識を浸透させることが大事だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2019/02/27 13:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻や恋人の対策にいと思います。全ての人に当てはまるわけではないけど、だいたい似たようなものなんだなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2019/04/13 06:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に書かれていることを理解できたとして、これを実行できる夫がはたしているでしょうか?男には無理そう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/19 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/26 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/11 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/15 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/27 06:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/16 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。