サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/02
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-08085-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

未来年表人口減少危機論のウソ (扶桑社新書)

著者 高橋洋一 (著)

人口増減率と経済成長率は無相関、年金に「消費増税」は必要ない、中央と地方の区分けは単なる役割の違い…。人口減少は大した問題ではないという見方が正しいことを逆説的に検証する...

もっと見る

未来年表人口減少危機論のウソ (扶桑社新書)

税込 880 8pt

未来年表 人口減少危機論のウソ

税込 880 8pt

未来年表 人口減少危機論のウソ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.6MB 無制限
Android EPUB 12.6MB 無制限
Win EPUB 12.6MB 無制限
Mac EPUB 12.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人口増減率と経済成長率は無相関、年金に「消費増税」は必要ない、中央と地方の区分けは単なる役割の違い…。人口減少は大した問題ではないという見方が正しいことを逆説的に検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

2020年代 労働力人口が5年間で300万人減り、日本経済が大打撃を受ける!
2030年代 地方の生産年齢人口が激減し、地方税収が落ち込む!
2040年代 自治体の半数が消滅の危機に陥り、行政運営に支障が出る!
2050年代 団塊ジュニア世代の高齢化で、社会保障制度が崩壊の危機に!
2065年 2.5人に1人が高齢者となり、日本は貧しい国になる!

だから、どうした?
人口が減ると、何か問題でも?

経済学者・高橋洋一が、いま話題の「未来年表」を一刀両断!
人口減少危機論を煽る黒幕の正体を暴く!!
【商品解説】

著者紹介

高橋洋一

略歴
〈高橋洋一〉1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科、同大学経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。嘉悦大学教授。「さらば財務省!」で山本七平賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

未来は明るい

2018/11/10 14:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オビー - この投稿者のレビュー一覧を見る

数値を元にウソが暴かれている。
・人口増減率と経済成長率が無相関なこと
・人口増減率と物価上昇率が無相関なこと
・婚外子の割合と合計特殊出生率が正相関なこと
・物価上昇率と通過量が正相関なこと
・年金は保険であり、破綻しない仕組みであること
・人口×所得が年金を支えること
・高度プロフェッショナル制度は全給与所得者の4%であること
・ふるさと納税額は住民税総額の3%であること

情報収集も個の時代。
マスメディアは中立な立場できちんと仕事をして欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未来の年表シリーズのアンチテーゼ

2019/09/01 17:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:donden - この投稿者のレビュー一覧を見る

河合雅司氏の『未来の年表』シリーズのアンチテーゼ的な本です。
人口減少悲観論に対し制度変革やビジネスチャンスと捉えるべきと主張しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人口減少は危機か?そうではないのか?

2019/03/31 21:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大ヒットした「未来の年表」など、人口減少による危機論が叫ばれているなか、「人口減少は対した問題ではないという見方が正しいことを逆説的に検証していきたい(本書p40)」という主旨から書かれた一冊。
しかし、本書を読んでもあまり首肯できないというか、迫り来る人口減少社会を楽観的にとらえることは叶いませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現実味が薄い

2019/12/08 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プリンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大ヒットした「未来の年表」に対するアンチ本として出版されています。対比させるために両方を読み比べましたが、両方とも一長一短という感じでした。過激な切り口を売り物にしているのでしょうか?ちょっと現実的にはあり得ないのでは?という面も多々ありました。未来に対することなので、どちらが正しいというよりは、色々いな切り口を知り、自分なりに考えるヒントにするくらいで読むのがよいのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人口減少楽観本

2019/11/09 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口減少悲観本が流行っていますが、本書はその対局の楽観本。
 移民対策、年金、雇用政策、地方分権といった切り口で人口問題を語っていますが、安倍政権べったり本なので、鵜呑みにはしない方がよさそうです。また「政府が本腰をいれることはなく、本気で注力することはない」と明言しており、安部にはやる気はありません。ただ英国や仏国やイタリアは6千万人くらいであることを踏まえると、国家の規模としては問題ないかもしれません。問題なのは、1.2億円仕様でできているインフラ等をいかに再構築するかということでしょう。

 ところでGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は利権の温床であり問題だと書いてあったので、ネットで調べてみると、「この法人の理事長は、部下の30代の女性職員と複数回、公用車に乗って食事に行くなど、不適切な関係が疑われる行為があり減給処分となった」とありました。大事な国民の年金を運用している法人のトップが、自分の快楽のために、預かっている国民の年金を使っているようなものであり、相当ゆゆしき事態です。世間的に、あまり問題になっていないのが不思議に思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/16 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/27 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/05 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/27 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/26 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/29 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/01 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/02 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/26 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。