サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. 東洋館出版社の通販
  6. 「Which型課題」の国語授業 「めあて」と「まとめ」の授業が変わるの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「Which型課題」の国語授業 「めあて」と「まとめ」の授業が変わる
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:教員
  • 発売日:2018/10/31
  • 出版社: 東洋館出版社
  • サイズ:26cm/126p
  • 利用対象:教員
  • ISBN:978-4-491-03586-4
専門書

紙の本

「Which型課題」の国語授業 「めあて」と「まとめ」の授業が変わる

著者 桂 聖 (編著),N5国語授業力研究会 (著)

「○○として適切なのはA?B?」のように、子どもが選択・判断する場面をつくる「Which型課題」の国語授業を提案。学年別の授業展開を紹介し、「広げる」「深める」ゆさぶり発...

もっと見る

「Which型課題」の国語授業 「めあて」と「まとめ」の授業が変わる

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「○○として適切なのはA?B?」のように、子どもが選択・判断する場面をつくる「Which型課題」の国語授業を提案。学年別の授業展開を紹介し、「広げる」「深める」ゆさぶり発問についても解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

考え・答えたくなるのはWhyやWhatではなく「Which」!
全員が選択・判断できる授業づくりを、桂聖氏のフルカラー1時間授業&36教材の実践で紹介!

「○○はどうして(Why)このようなことをしたのでしょう?」
「このとき○○はどんなことを(What)思ったでしょう?」……
国語授業でよくみられる、このようなWhy型やWhat型の課題、実は子どもにとっては
考えたり・答えたりするのが難しい場合があります。登場人物の行動の理由や心情の推測といった
幅広い問いかけに答えるのは、高い能力を要求されるのです。これは、物語文に限らず、説明文でも同じです。
それゆえに、国語が得意でない子どもにとっては、これらの課題提示のために活動が停滞し、
苦手意識を覚えてしまうこともあります。

そこで本書が提案するのが、「A・B、どっち?」「A?Dのうちどれ?」「順番に並べるとどうなる?」といった、選択肢の中から選べるWhich型学習課題です。
どれかから選んだり、並べたりするのは、活動のハードルが低いため、全員が授業に参加することができます。また、それゆえに多くの子どもたちが意見を言いやすく、話し合い活動が活発化することにもつながります。
もちろん、話し合いが拡散するだけでなく、その上で活発化した話し合いが、学んでほしい「ねらい」に向かうようにする必要があります。
本書での提案は、授業を活性化させるための「Which型課題」の提示、そしてそこから授業のねらいへと収束させるための「考えのゆさぶり」を盛り込んだ、具体的な授業提案を掲載しています。

本書で提案される「Which型課題」の種類は、具体的な方法として10バリエーションあります。
子どもの実態や教材のタイプ、学年段階など、目の前のクラスに合わせて使いこなしやすい!
全員参加が楽しく参加でき、思考が活性化する国語授業のために、参考にしたい1冊です。【商品解説】

目次

  • 目 次
  • 「Which型課題」の国語授業
  • ――「めあて」と「まとめ」の授業が変わる―― 1
  • 第1章 写真でみる「Which型課題」の
  • 国語授業&授業ディスカッション
  • 1 問題意識の醸成 6
  • 2 「Which型課題」の設定 8
  • (1)7段落の説明がいいと思った子の意見 9

著者紹介

桂 聖

略歴
〈桂聖〉筑波大学附属小学校教諭。筑波大学講師兼任。日本授業UD学会理事長。全国国語授業研究会理事。著書に「国語授業のユニバーサルデザイン」「授業のユニバーサルデザイン入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

考え・答えたくなる「Which?」型の新しい国語授業の提唱です!

2019/01/11 09:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、従来の国語授業を根本から変革するだけの力をもった国語教育法の教科書です。同書では、子どもが考え、答えたくなるのは、「Why?」や「What?」ではなくく、「Which?」であると断言されています。そして、その考えの下で、Which型国語授業のための36の効果ある指導教材が分かり易いイラストや写真などで示されています。学校の先生には、ぜひ一度、この画期的な国語教授法の教科書を読んでいいただき、実践してほしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教科別学習指導 ランキング

教科別学習指導のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。