サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東洋學の話 續
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/10/31
  • 出版社: 臨川書店
  • サイズ:23cm/307p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-653-04254-9
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

東洋學の話 續 (映日叢書)

著者 石濱 純太郎 (著),高田 時雄 (編)

東洋の古語と西域出土の仏典、古文献の研究者として活動した石濱純太郎による東洋学に関する遺文を集成。国外の論著について書かれた書評や紹介、ロシアの中国学者アレクセーエフに宛...

もっと見る

東洋學の話 續 (映日叢書)

4,320(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東洋の古語と西域出土の仏典、古文献の研究者として活動した石濱純太郎による東洋学に関する遺文を集成。国外の論著について書かれた書評や紹介、ロシアの中国学者アレクセーエフに宛てた書簡なども収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

東洋の古語と西域出土の仏典、古文献の研究者として活動した石濱純太郎(1888-1968)による東洋学に関する遺文を集めたものである。


<目次>

一、歐米の東洋學
二、新疆探險    
三、學者を語る
四、書評と紹介
五、書誌及び文獻
六、雜錄
七、アレクセーエフ宛書簡
編集後記【商品解説】

目次

  • 一、歐米の東洋學
  • 歐米に於ける支那硏究に就て/アメリカの東洋學界につき
  • 二、新疆探險    
  • コズロフ蒐集/西北科學考査團に關する文籍/新疆の話/中亞探檢心醉の顚末/『西域文化硏究』はしがき
  • 三、學者を語る
  • 靜安學社/(參考)ニコライ・ネフスキ 王靜安先生を訪ねて/楚紫氣先生の入門/シューツキー氏の歸國/ 故バルトリド先生/故ヴラディミルツォフ先生/僕の憂鬱/噫内藤湖南先生/故渡部薰太郞先生/オッセンドウスキー/チョーマ先生の話/にぶき良心で/アメリカの一東洋學者/遠方の友――殘雪軒夜話/Erwin von Zach (1872-1942)
  • 四、書評と紹介

収録作品一覧

歐米に於ける支那研究に就て 1−32
アメリカの東洋學界につき 33−39
コズロフ蒐集 41−47

著者紹介

石濱 純太郎

略歴
1888年11月10日 - 1968年2月11日。日本の東洋史学者、関西大学名誉教授。
大阪府出身。東京帝国大学卒。東洋の古語と西域出土の仏典、古文献の研究者として活動した。龍谷大学講師を務め、また関西大学では助教授、教授(1949年就任)を務めた他、1953年には日本西蔵(チベット)学会会長に就任。1957年「支那学論攷」で文学博士号が贈られる。1959年、関西大学教授を定年により退任、名誉教授に就任。ニコライ・ネフスキーと共に西夏語を研究。旧制大阪府立市岡中学校(現・大阪府立市岡高等学校)で画家の小出楢重、作曲家の信時潔と同級。作家の織田作之助とは長年に亘り親交が深かった。四万冊を超える東洋学関係の蔵書は、大阪大学に「石濱文庫」として保存されている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

東洋の諸言語 ランキング

東洋の諸言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。