サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 晶文社の通販
  6. 「10%消費税」が日本経済を破壊する 今こそ真の「税と社会保障の一体改革」をの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「10%消費税」が日本経済を破壊する 今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/06
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:19cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-7063-3

紙の本

「10%消費税」が日本経済を破壊する 今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を新刊

著者 藤井聡 (著)

2019年10月に予定されている消費増税が、なぜ日本経済に壊滅的な打撃を与えるのか。その理路を明らかにするとともに、消費増税にかわる他の税制政策、さらには日本が目指すべき...

もっと見る

「10%消費税」が日本経済を破壊する 今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2019年10月に予定されている消費増税が、なぜ日本経済に壊滅的な打撃を与えるのか。その理路を明らかにするとともに、消費増税にかわる他の税制政策、さらには日本が目指すべき社会保障の設計図を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

2019年10月に予定されている、8%から10%への消費税増税。これが本当に実施されるならば、日本経済は壊滅的な大打撃を受けることになる。実質的に賃金が低下する「働き方改革」、2020年東京オリンピック特需の終焉、さらに立て続けに起きている大雨・台風・地震による被害と合わせてのトリプルパンチを受ける格好だ。10%への消費増税がなぜ日本経済に壊滅的な打撃を与えるか? その理路を明らかにするとともに、消費増税にかわる他の税制政策、さらには日本が目指すべき社会保障の設計図を提示。これが日本再生のシナリオだ。【商品解説】

目次

  • 序 章 集団自殺の様相を呈している「消費増税」
  • 第1章 「8%増税」のせいで庶民が貧困化している
  • 第2章 消費増税が日本を「衰退途上国」に転落させた
  • 第3章 「10%増税」のダメージは極めて深刻なものとなる
  • 第4章 消費増税を「凍結」した後の経済政策プラン──「税と社会保障」のあり方を改めて考える
  • 第5章 デフレの今、「積極財政」こそが「税収」を増やす早道
  • 終 章 今、何よりも必要なのは「物語転換」である

著者紹介

藤井聡

略歴
〈藤井聡〉1968年奈良県生まれ。京都大学大学院工学研究科教授(都市社会工学専攻)。安倍内閣・内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。著書に「プラグマティズムの作法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

恐ろしい消費税アップ

2018/11/15 11:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野次馬之介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2019年秋の消費税上積みーー現状8%を10%に増やす案件について、今や日本人の多くが何の疑問も持たずに受け入れようとしている。しかし本当にそれでいいのか。税金のありようを決めるのは官僚と政治家で、この連中は税金で暮らしているわけで、増税は自分たちの利益になる。増税をしたがるのは当然のことである。
 おまけに政界、官界に群がって甘い汁を吸うマスコミやメディアーーNHKを筆頭に民放も新聞も、消費税の恐ろしさを伝えようとしない。それどころか、カードで買えばポイントがつくとか、お持ち帰りは8%でいいとか、半分だけのお持ち帰りは何%になるかとか、くだらぬ議論を繰り返し、国民はすっかりだまされてしまった。
 現に11月12日のNHKニュースは、消費増税に賛成32%、反対35%、どちらともいえない27%という世論調査の結果を伝えていた。3分の1強の反対を除けば、大半が税金の増加を受け入れるということである。
 ところが、これらの回答者は知らぬようだが、増税によって大変なことが起こる。事実、過去の消費増税でも、人びとの気づかぬうちに日本経済が落ちこみ、国民の貧困化が進んだ。今なお2014年の消費増税(5%から8%へ)の痛手から立ち直っていないのに、追っかけるようにして痛撃を喰らわせようというのが、次の10%消費税である。
 具体的には、2014年の増税以来、企業勤務者の給与は4%ほど低下して未だに回復せず、各世帯の消費支出も年額平均34万円の減少となったまま。結果として日本のGDP(国民総生産)は2014年以前の上昇傾向に対して27兆円の減少となり、マイナス成長を続けてきた。そのため世界経済に占める日本のシェアはアメリカの4分の1、中国の3分の1にまで転落、経済大国どころか「衰退途上国」になってしまった。
 ほかにも本書は、消費税を上げることの危険性を、国のレベル、企業レベル、個人レベルなどでさまざまに例示し、2019年秋の増税は中止すべきだと説く。同時にいくつもの代替案を提示しているから、安倍首相を初めとする政治家と、財務省などの官僚たちはこれを熟読して今すぐ方針を改め、増税しても景気面で「マイナスの影響があるとは考えていない」と言った無責任な日銀総裁も吠え面をかかぬよう、もう一度考え直すべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2019年10月予定の「10%消費税」による日本経済への影響を予測した書です!

2018/11/08 09:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、2019年10月に導入が予定されている「10%消費税」の日本経済への影響を説いた書です。同書では、10%消費税の導入は、日本経済を破壊すると強調します。10%消費税導入は、労働者の実質的な賃金低下に結び付き、2020年のオリンピック特需の終焉と近年の自然災害による被害などと合わせると、トリプルパンチという打撃になると説きます。そして、消費税に変わる財源はあり、減税と積極財政でデフレ脱却を図ることが最優先事項だと言います。さらに詳細にご興味をおもちの方は、ぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/15 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。