サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. ノンフィクション・ルポルタージュの通販
  5. 東洋館出版社の通販
  6. THE LAST GIRL イスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/29
  • 出版社: 東洋館出版社
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-491-03617-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

THE LAST GIRL イスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語

著者 ナディア・ムラド (著),ジェナ・クラジェスキ (著),吉井 智津 (訳)

貧しくも平和な村での暮らし。しかし、イスラム国の脅威は次第に強まり、虐殺と収奪の日々が訪れ…。戦下における武器としての性暴力の根絶に尽力し、2018年ノーベル平和賞を受賞...

もっと見る

THE LAST GIRL イスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語

税込 1,980 18pt

THE LAST GIRL

税込 1,980 18pt

THE LAST GIRL

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.1MB 無制限
Android EPUB 10.1MB 無制限
Win EPUB 10.1MB 無制限
Mac EPUB 10.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貧しくも平和な村での暮らし。しかし、イスラム国の脅威は次第に強まり、虐殺と収奪の日々が訪れ…。戦下における武器としての性暴力の根絶に尽力し、2018年ノーベル平和賞を受賞した著者が、自身の壮絶な経験を物語る。【「TRC MARC」の商品解説】

2018年ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド、自伝刊行。
21歳でイスラム国に家族を虐殺され、自身も性奴隷として壮絶な苦しみを受けた著者が
「戦時下での武器としての性暴力」の実態を告発する!

「この世界で私のような体験をする女性は、わたしが最後(ラストガール)であってほしい」



イラク北部にあるコーチョという小さな村。少数派の宗教、ヤズィディ教徒たちが貧しいながらも日々を平和に暮らしていた。
しかし、忍び寄る紛争の影が、平和を少しずつむしばんでいく。
そしてついにあの日、イスラム国の一群による襲撃が行われた。そして待っていたのは、
自分のすべてを踏みにじられる、性奴隷としての地獄の日々だったーー

戦争犯罪の被害者として、「武器としての性暴力」の実態の告発と根絶を訴え続けた著者が、筆舌に尽くしがたい自らの体験を、圧倒的な臨場感で語る。
イスラム国による他教徒への虐殺や性暴力・暴力の実態とは。
彼女が決死の覚悟で逃れ、イスラム国支配地域の現状を世界に向けて発信するまでに、彼女を支えた人々とは。

今、世界でもっとも注目されるノーベル賞平和賞受賞者の自伝、ついに翻訳刊行。【商品解説】

著者紹介

ナディア・ムラド

略歴
〈ナディア・ムラド〉人権活動家。2018年「戦争および紛争下において、武器としての性暴力を根絶するために尽力したこと」によりノーベル平和賞受賞。
〈ジェナ・クラジェスキ〉ジャーナリスト。ニューヨークを拠点に活動。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (17件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

しびれました。しかし・・・・・

2019/02/19 22:27

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごかった。想像以上だった。よくぞここまで赤裸々に書いてくださったものだ。
伊藤詩織さんのブラックボックス同様、多くのかたに、彼女の命がけの告白を受け取っていただきたい。
ただ・・・・・・。
長すぎる。重すぎる。せっかく買ったのに、前半で、やめてしまった方はいないだろうか?
もう少し短めの、重要部分を読みやすくしたものは出ないものだろうか?
その方が、さらに多くの方に読んでもらえるのではないだろうか?
文庫サイズか、新書サイズで、200ページくらいで読めたら、もっともっと広がるとおもうのだが・・・・・・。
すみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ヤズィディ教徒がISISから受けた迫害と虐殺

2019/05/06 19:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akihiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤズィディ教徒である著者が、イラク国内でISISから受けた迫害について書いた体験談です。自身や周辺で起きた出来事だけでなく、周りの人々に対する疑心についても赤裸々に書いています。
ナチスについて書かれた「夜と霧」と同様に、著者の主観的な目線で書かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼女が生きている意味

2020/01/19 09:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amisha - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に重い内容であるが、翻訳の配慮か途中で投げ出すことなく読めた。
このような体験をする女性が私で最後になるためにと付けられた書名。心身ともに疲労困憊し、途中で生きることを諦め、命は助かったものの抜け殻になる人もある被害者の中から、彼女のような人権活動家が出たことは奇跡だと思う。

日本の人材不足は明かであるが、外国人材の導入も不信感が拭えないし、移民問題を積極的に考えている人がどれぐらいいるのかわからない。国内の問題に翻弄されてばかりでなく、私たちはもっと世界に目を向けなければならないと考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/12/24 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/12 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/02 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/25 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/15 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/25 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/22 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/20 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/04 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/09 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/13 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/12 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。