サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 写真集の通販
  4. 七つ森書館の通販
  5. FUKUSHIMA 小鳥はもう鳴かない 小柴一良写真集の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

FUKUSHIMA 小鳥はもう鳴かない 小柴一良写真集
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/30
  • 出版社: 七つ森書館
  • サイズ:30cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8228-1804-3
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

FUKUSHIMA 小鳥はもう鳴かない 小柴一良写真集

著者 小柴一良 (著)

2011年3月11日「有史以来最大の公害」の福島原発事故が起きた。「公害の原点」と言われる水俣を40年にわたって撮影してきた著者が、FUKUSHIMAを200点の写真で綴...

もっと見る

FUKUSHIMA 小鳥はもう鳴かない 小柴一良写真集

税込 3,240 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2011年3月11日「有史以来最大の公害」の福島原発事故が起きた。「公害の原点」と言われる水俣を40年にわたって撮影してきた著者が、FUKUSHIMAを200点の写真で綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

■大震災から7年、FUKUSHIMAを180点の写真で綴る
 「公害の原点」と言われる水俣を40年にわたって撮影した。
2011年3月11日「有史以来最大の公害」の福島原発事故が起きた。2015年明けてすぐ、福島の川内村で、ある葬式の撮影が可能だという話を聞いた。ロケハン用の小さなカメラを持って現地に向かった。

1 受難者たち
 避難した先のスーパーの駐車場が満杯で苦労して入れたのに帰る時、福島ナンバー車は避けられ、その周りは空いていた。また福島の被災者が他県に転居した時、車のプレートから福島の文字が消えたことにホッとしたという。
なぜ被害者が差別され、非難され、無視され、放置されなければならないのか。多数の利益の為なら少数者の意見などは無視されて良いのか。

2 子どもたち
 全国の病院で子どもの甲状腺ガンと診断されるのは、年間100万人につき1〜2人。福島県では38万人のうち甲状腺ガンと確定したのは162人、悪性の疑いは36人に上る(福島県民健康調査、2018年3月31日現在)。
 「自分の子どもが甲状腺ガン」と言えない親たちが多い。被害者なのに声を上げられない状況が問題であり、自分たちで抱え込んで、精神的に追いつめられてしまう。共通の悩みを語り合い、問題をオープンにしなければ、加害者側の思うつぼになってしまう。

3 空気も土も水も汚れてしまった
 福島の飯館村で老人2人が「近頃 小鳥の声を聴かなくなった」。人間は好き勝手なことをして、ほかの生き物の事は考えない。環境を破壊する。近代科学文明は人間を幸福にするのか。福島の傷は深い。目に見える風景は何の変化もない。静けさの中にある日常で不気味な何かが進行しているように思えてならない。【商品解説】

著者紹介

小柴一良

略歴
〈小柴一良〉1948年大阪府生まれ。西川孟写真事務所に撮影助手として入所。水俣、出水の水俣病を取材。著書に「パリの印象」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

写真集 ランキング

写真集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。