サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/10/24
  • 出版社: 知泉書館
  • サイズ:19cm/496p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-86285-283-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

神学提要 (知泉学術叢書)

著者 トマス・アクィナス (著),山口 隆介 (訳)

トマス・アクィナスが聖書の教えを簡潔に要約した「神学提要」を本邦初訳。丁寧な翻訳と詳細な訳注により、神学に馴染みのない人にも近づけるよう配慮する。キリスト教が持つ生き生き...

もっと見る

神学提要 (知泉学術叢書)

税込 6,600 60pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トマス・アクィナスが聖書の教えを簡潔に要約した「神学提要」を本邦初訳。丁寧な翻訳と詳細な訳注により、神学に馴染みのない人にも近づけるよう配慮する。キリスト教が持つ生き生きとした内的源泉に触れることができる書。【「TRC MARC」の商品解説】

トマス・アクィナス(1225-74)は『対異教徒大全』を執筆した後に,友人で彼の身近にいたレギナルドゥスの求めに応じて自身の神学について口述したが,彼の死によって未完に終わった。この貴重な書の本邦初訳である。
トマスはアウグスティヌス『エンキリディオン』にならい無限の神が発する聖書に込められた多くの教えを,簡潔に要約して広く人々に語ることにより,神とは何か,希望と愛とは何かを語ろうとしたが,希望について語るなかで中断された。真理を知るためには信仰を,目的を持つには希望を,そして希望を実現するには愛を必要とする。
トマスは246章にも及ぶ主題を通して,「信仰について」詳細な説明を与えた。本書では中世のみならずその後の信仰と教会に多大な影響を与えた彼の神学の真髄が解き明かされるとともに,キリスト教の神学がアリストテレスなどギリシア哲学を導入しながら形成されていく姿が見事に描かれる。
本書は丁寧な翻訳と詳細な訳注により,ことに神学に馴染みのないわが国の読者にも近づけるよう配慮し,キリスト教がもつ生き生きとした内的源泉に触れる最上の書である。キリスト教に関わる多くの現象を知るためにも身近に置いて親しく読まれる一書となろう。【商品解説】

目次

  • 第1章 序言
  • 第1部 信仰について
  • 論考前半 三一なる神,およびその業について
    • 第2章 信仰について語るべきことの順序
    • 第3章 神とは何か
    • 第4章 神が動かすことのできないものであること
    • 第5章 神が永遠であること
    • 第6章 神が御自身のゆえに存在するのは必然であること
    • 第7章 神は常に存在するということ
    • 第8章 神にどんな連続も存在しないこと

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。