サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. フランス書院の通販
  4. フランス書院文庫の通販
  5. 催眠調教 義母、女社長、令夫人の通販

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

催眠調教 義母、女社長、令夫人(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

催眠調教 義母、女社長、令夫人 (フランス書院文庫)新刊

著者 鷹羽 真 (著)

「お願い、あなたの××が欲しくてたまらないの」清楚な未亡人義母が我を忘れて浴室で密着ご奉仕。高慢な女社長がプライドを捨て職場で施す従順フェラ。上品な令夫人は欲望を我慢でき...

もっと見る

この商品はアダルト向け商品です。

催眠調教 義母、女社長、令夫人 (フランス書院文庫)

750(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「お願い、あなたの××が欲しくてたまらないの」
清楚な未亡人義母が我を忘れて浴室で密着ご奉仕。
高慢な女社長がプライドを捨て職場で施す従順フェラ。
上品な令夫人は欲望を我慢できずに露出オナニーを。
淫獣の囁きにあやつられ、美牝の本性を晒していく、
美和子、貴子、絹代――ついには完全支配ハーレムが!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いろんな意味で好みは分かれそう。

2018/11/26 05:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さやまん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品を初めて読んだので、偏った評価になっているかもしれません。
登場するのは、30代後半の女性3人。
過去の作品のタイトルから察するに、極端に偏ってるわけではなさそうですが、年上の女性に魅力を感じる若い主人公という作品を描く方なのかもしれません。
あと、この作品に限ってのことかもしれませんが、手袋をはめた手で奉仕する女性の姿を描写されるシーンが散見できたあたり、こだわりのある部分だろうと思います。

主人公の青年は、父親の後妻である美和子との2人暮らし。
美和子は37歳、青年は新社会人として働き出したあたり、23歳か。
美和子は10年前、青年が中学1年のときに父親と再婚したものの、子供は無く、父親は5年前に交通事故で逝った。

美しく清楚な美和子に憧れ、同年代の女性に興味を持てなかった青年は女性を知らぬまま少年時代をすごし……就職活動がうまくいかず、結局美和子の2歳下の妹、貴子の経営するアパレルブランド会社にコネ入社。
叔母である貴子は、身内だからこそ青年を鍛えようとするのだが、すべてが不慣れな青年にとってはそれはストレスにしかならなかった。
ストレス発散のために、青年は催眠術で女性を支配するという妄想に逃げるが、妄想は妄想でしかないとわきまえてもいた。
貴子によるきつい叱責を受けた日の夜、青年は慣れない酒を飲んで泥酔して家に帰り、義母の美和子に優しく介抱される。
ストレスと酔いが、青年の妄想の背中を押し……妄想でしかないはずの催眠術に、美和子は堕ちた。
といっても、臆病な青年は大切な存在である義母に強引な手段をとることなどできず、『家族が一緒に寝るのは当たり前』という暗示を与え、毎晩、眠る美和子の耳元で淫らな暗示を囁き続けた。
そして一週間、青年は、自らの股間にむしゃぶりつく義母によって目覚めることになる。(これが冒頭のシーン)

と、まあ……こんな感じで物語が動き出します。
美和子を完全に堕としたあとは、叔母で女社長の貴子に手を出し……貴子の学生時代からの友人で、会社のスポンサーでもある絹代も堕とすことに。
貴子は、やや男嫌いの気がある仕事人間。
絹代は、政略結婚の夫(婿養子)とうまくいってない、おとなしい女性。

催眠術のジャンルは、催眠そのものの手法や人の精神を弄る過程に重きをおくか、ただの便利なアイテムとして割り切るかに大きく分けられますが、この作品は後者です。
清楚な女性が、主人公によって淫らな本能のままに……細かい部分はともかく、全体的には、堕ちると言うより、変化と表現したほうがいいでしょう。
3人目の絹代にいたっては、描写量が極端に少なく、とりあえず攻略女性を3人にしたという印象ですね。
義母の美しさと清楚さに憧れていたはずなのに、淫語を連発する牝に仕立てて……『自分のモノにした』と支配欲を満たすか、『ちょっと違う』と感じるかは、読み手次第でしょう。
あと、有頂天になっていると言えなくもないですが、主人公の青年が考え無しというか、幼稚すぎるキャラになってしまい、この3人とのハーレムがきちんと持続できるかどうか心配になってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。