サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. 萬書房の通販
  6. 発達障害バブルの真相 救済か?魔女狩りか?暴走する発達障害者支援の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/12/05
  • 出版社: 萬書房
  • サイズ:19cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907961-13-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

発達障害バブルの真相 救済か?魔女狩りか?暴走する発達障害者支援

著者 米田 倫康 (著)

数多くの精神医療機関の不正摘発に関わってきた著者が、発達障害者支援が暴走し、一部魔女狩りと化している現実を紹介。発達障害の過剰診断の下、子どもたちが精神薬漬けになっている...

もっと見る

発達障害バブルの真相 救済か?魔女狩りか?暴走する発達障害者支援

税込 2,200 20pt

発達障害バブルの真相

税込 1,980 18pt

発達障害バブルの真相

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 13.8MB
Android EPUB 13.8MB
Win EPUB 13.8MB
Mac EPUB 13.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数多くの精神医療機関の不正摘発に関わってきた著者が、発達障害者支援が暴走し、一部魔女狩りと化している現実を紹介。発達障害の過剰診断の下、子どもたちが精神薬漬けになっている現状に警鐘を鳴らす。【「TRC MARC」の商品解説】

数多くの精神医療機関の不正摘発に関わり、被害者の声を聞いてきた著者が、これ以上の悲劇を繰り返さないために、本書執筆を決意。長年培ってきた知見を惜しみなく披瀝した待望の書。とりわけ、発達障害の過剰診断のもと、子どもたちが精神薬漬けになっている現状に警鐘を鳴らす。子どもたちの未来を奪わないために、今、大人の責任が問われている。【商品解説】

目次

  • 第1章 作られた発達障害バブル
  • 発達障害の〝大安売り〟/発達障害って何だろう?/脳機能障害というまやかし/先天的な脳機能障害は特定できるのか/「正しい診断」は存在するのか/診断は何のため?/発達障害の診断は「参考」であって「絶対」ではない/診断のインフレ/うつ病バブル/うつ病バブルから発達障害バブルへ/六%という詐欺的数字/問題ある七五項目のチェックリスト/チェックリストが教育者の責任を奪う/発達障害は六・五%?/発達障害者支援法の疑問/早期発見至上主義/まともな意見も「無理解」?/チェックリストの神格化/まるで魔女狩り
  • 第2章 知られざる「専門家」の実態と歴史
  • 「専門家との連携」の罠/そもそも精神科医はメンタルヘルスの「専門家」なのか/精神科医の目指すゴールと市民が求めるゴールの違い/歴史から学ぶ精神医学の姿/反省するドイツの精神医学会、自覚すらない日本の精神医学会/ナチス型精神医学とアメリカ型精神医学の化学反応/発達障害者支援と強制不妊手術の共通点/十分な声が上がらないかぎりなかったことにされる日本/ある子どもの死/ずさんで危険な実態/極端な事例を取り上げて不安を煽るなという反論について
  • 第3章 製薬産業と発達障害者支援

著者紹介

米田 倫康

略歴
1978年生まれ。私立灘中・高、東京大学工学部卒。市民の人権擁護の会日本支部代表世話役。
在学中より、精神医療現場で起きている人権侵害の問題に取り組み、メンタルヘルスの改善を目指す同会の活動に参加する。
被害者や内部告発者らの声を拾い上げ、報道機関や行政機関、議員、警察、麻薬取締官等と共に、数多くの精神医療機関の不正の摘発に関わる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

「発達障害」と診断され、子ども達の未来を不当に奪われないために!

2019/03/08 09:34

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、近年、医療技術の進歩によって、これまでは判定不可能だった様々な病理現象をある程度判断できるようになったことで、「発達障害」と診断され、不当に希望に満ちた未来が奪われてしまっている子ども達を助けるために編まれた書です。早期に発達障害と診断され、普通教育ではなく、特別支援教育への就学が進められたり、大量の薬を処方されたりという事態が現実として起こっています。こうした子ども達は差別的な扱いを受け、そうした子どもさんをお持ちの親御さんは苦悩の日々を送ることになります。こうした差別的な扱いを防ぐためにも、私たちは何をすべきなのか?どうすればよいのか?といったことを真剣に考え、示唆を与えてくれる一冊です。ぜひ、こうのような状況で苦しんでおられる方々には読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これこそが差別を煽っているのでは?

2020/08/31 20:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は医学薬学の専門家ではない。
割りと高校生物や化学の知識もあやしい部分があり、本文でも機序や効果効能の解説には巧妙に逃げを打っているのが素敵である。

「精神薬漬け」とは言い得て妙である。
というのはコレに効く薬など全くなく、不眠がヒドければ眠剤を、ストラテラやインチュニブをと局所的な対症療法にもならないから困るのである。
加えて、学校では画一的な授業になじめないからと、級友からも教師からも阻害されいじめられ…。

後半のナチスドイツがどうこう、アメリカがどうこうに至っては取材も論拠もない筆者の印象語りに過ぎず読む価値はなし。
版元の萬書房そのものは、大手が扱わないオカルトや極左傾向の書籍を扱う零細出版である。これでも多少は正体が透けて見えるだろう。
こうした科学的知見に基づかない「トンデモ本」が令和の時代にも生きながらえているのかと嘆息…。

当事者のドキュメンタリーとしては『はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児』(ぶんか社・原作 君影草)、『夫のちんぽが入らない』(講談社・こだま著)を、
精神科医がどう向き合っているかについては『発達障害の内側から見た世界 名指すことと分かること』(講談社・兼本浩祐著)をそれぞれ挙げておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/03/28 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/13 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。