サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 草思社の通販
  6. 草思社文庫の通販
  7. 自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/12/05
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2365-4
文庫

紙の本

自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理 (草思社文庫)新刊

著者 西多昌規 (著)

強すぎる被害妄想、執拗な他者攻撃、異様なハイテンション、他人をふりまわすサイコパス…。精神科医が診察室で出会った、「自分の異常性」に気づかない人たちを取り上げ、その心の病...

もっと見る

自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理 (草思社文庫)

810(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

強すぎる被害妄想、執拗な他者攻撃、異様なハイテンション、他人をふりまわすサイコパス…。精神科医が診察室で出会った、「自分の異常性」に気づかない人たちを取り上げ、その心の病理と対処法を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

強すぎる被害妄想、執拗な他者攻撃、異様なハイテンション、
他人をふりまわすサイコパス……
それは許容できる異常性なのか、治療介入すべき異常性なのか?
精神科医である著者が診察室で出会った、さまざまな「自分の異常性」に気づかない人たちを取り上げ、
その心の病理と対処法を明らかにする。
診察でのエピソードを通じて、医師の苦悩や精神医療の問題点を浮き彫りにする。

<目次より>
はじめに 正常か異常かの境界線 

第1章 強すぎる被害妄想
・郷里からの不安な知らせ 
・カレーライスの嫌がらせ? 
・変わり果てた母と実家
・自己防衛と否認 
・治療経過 
・もうひとつの病魔 

第2章 自分の異常性に気づく機能「病識」とは何か
・「自分の異常性」への気づき、「病識」 
・「病識」の系譜学 
・現代精神医学は「病識」を軽視している 
・芥川龍之介の統合失調症への疾病意識 
・妄想と現実「二重」の世界 

第3章 「不安に取りつかれた人」の病的な心理
・キャリア官僚が犯した〝深刻な〞凡ミス 
・凡ミスが動機の自殺未遂
・救急病棟での問答 
・本人が望まない精神科入院へ 
・うつ病「三大妄想」と蝕まれた病識 
・健康を偽装する「匿病」の心理 
・治療の後日譚 

第4章 「寝なくても平気」「俺すげぇ」 異様なハイテンションは病気か
・症例検討会で 
・不機嫌な病棟生活 
・波瀾万丈の人生 
・突然の自死表明 
・自殺は理性的な判断か? 
・薬剤を思い切って切る 
・見過ごされがちな双極性障害 

第5章 なぜ人を傷つけても心の痛みが一切ないのか
・入院依頼 
・突然の入院延期 
・初対面 
・医者への説教 
・毎朝の長い苦情と家庭崩壊 
・あくことなき他者批判
・逸脱行動 
・強制退院 
・巧みな自己正当化と被害者への変身 

第6章 威嚇と攻撃、見落とされた認知症
・外来での大騒動① 
・外来での大騒動② 
・一時的な収束 
・脳卒中?脱水? 
・規則正しすぎる生活 
・ケース・カンファレンス 
・再度の院内トラブル 
・転院 
・追い詰められる高齢者たち 

第7章 「悪気がない」という異常性
・わたしは発達障害? 
・独特の思考と行動の傾向 
・心理検査をしてみたが 
・本人にどう告げるか 
・どこまでが個性なのか 
・現代社会とアスペルガー的特性 

第8章 「死にたい」は狂言か、本気か
・当直医泣かせの常連電話 
・主治医の苦悩 
・救急部での傍若無人 
・うかがいしれない家庭の薄幸
・父性の欠如、母性の過剰 
・予期せぬ結末 
・手厚い医療体制の落とし穴 

エピローグ 今後の課題 【商品解説】

悪意なく人を傷つけ、罪悪感が一切ない!彼らはなぜ自分の異常さに気づけないのか?精神科医が“病識無き人たち”の隠された心の病理と対処法を明らかにする。【本の内容】

目次

  • はじめに 正常か異常かの境界線 
  • 第1章 強すぎる被害妄想
  • ・郷里からの不安な知らせ 
  • ・カレーライスの嫌がらせ? 
  • ・変わり果てた母と実家
  • ・自己防衛と否認 
  • ・治療経過 
  • ・もうひとつの病魔 

著者紹介

西多昌規

略歴
西多 昌規(にしだ・まさき)
精神科医・医学博士。早稲田大学スポーツ科学学術院・准教授。東京医科歯科大学医学部卒業。国立精神・神経医療研究センター病院、ハーバード大学医学部研究員、スタンフォード大学医学部客員講師などを経て現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医など資格多数。専門は臨床精神医学全般と睡眠医学、身体運動とメンタルヘルス。著書に『「器が小さい人」をやめる50の行動』(草思社文庫)、『「テンパらない」技術』(PHP文庫)、『休む技術』(だいわ文庫)、ほか多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

心理読みもの ランキング

心理読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。