サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/12/07
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-77763-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

向田理髪店 (光文社文庫)

著者 奥田 英朗 (著)

かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化が進む北海道苫沢町。理髪店を営む向田康彦は、札幌で働く息子の「会社を辞めて店を継ぐ」という言葉に戸惑うが…。過疎の町の騒動と人...

もっと見る

向田理髪店 (光文社文庫)

税込 660 6pt

向田理髪店

税込 660 6pt

向田理髪店

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化が進む北海道苫沢町。理髪店を営む向田康彦は、札幌で働く息子の「会社を辞めて店を継ぐ」という言葉に戸惑うが…。過疎の町の騒動と人間模様を温かくユーモラスに描く連作集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

向田理髪店 5−53
祭りのあと 55−102
中国からの花嫁 103−157

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

明るい気持ちになってくる

2019/06/17 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥田英朗の『向田理髪店』は、
夕張を思わせる財政破綻した町を舞台にした連作集。
過疎、高齢化、結婚難、介護など、重苦しい話題ばかりだけど、
読み進むうちにほんのりと温まり、
この町も捨てた物じゃない、
このおじさん達もいいところあるじゃないか、
若者達だって期待が持てるぞ、
と明るい気持ちになってくる連作集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地域の衰退、人口減に悩む地域に一時の安らぎを与える作品。

2022/01/29 10:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

地域の衰退、人口減に悩む地域に一時の安らぎを与える作品。どちらかと言えば閉塞したギスギスした感じにみられる過疎地域だからこそ欲しい人間関係。その良い面をさり気無く掬い上げることで一時の安らぎを与えてくれる。私の子どもの頃には当たり前だった、人間味ある地域社会の人間関係。都会化の進行の中で何時の間にか希薄化し、既に痕跡すら見えなくなった近年、意外と辺鄙な過疎化地域に根付いてるかもしれないという期待を抱かせる作品でした。しかし現実は厳しくこれはあくまでもフィクションであり一つの理想でしかないのではと思うと少し悲しいかも・・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

北海道のある町

2021/08/30 02:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やさし - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめはくすぶったとか先がないとか苦いこと言ってる主人公だけど、だんだん田舎には田舎の良さがあると思え、息子も頼もしく見えてきて。いいニュースと思ったら大変だったり、思いがけずいいニュースになったり、すいすい読めてそういうことあるなーなんて思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

北海道の過疎の町。日本の各所にありがちな重めの話題を温かな筆致で描く。

2021/06/10 15:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の舞台は、かつて炭鉱町だったが、今はすっかり過疎化した北海道苫沢町。モデルになったのは、財政破綻した夕張町だろうか?と勝手に思いつつ読み進む。高齢化の波にもさらされて、登場人物は老人ばかり。そんな町の社交場たる「向田理髪店」に、札幌から会社を辞めて店を継ぎたいと息子が帰ってきて...。物語は、理髪店主の視点で描かれ、巻き起こるのは、日本のあちらこちらにありそうな重めの問題。だけど、作家は、それを重苦しく描かかずに読ませる。なにか、温かい気持ちになって読了。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

田舎の日常

2021/01/27 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くり坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化ばかりが進む北海道苫沢町(架空、モデルはY張?)の人々の様々な騒動と人間模様が連作で温かく描かれていた。先に読んだ「たこ焼きの岸本と同じ臭いの作品で、都心と言うより下町や田舎のほっこりした感じが良かった。結局、どこも溶け込んでしまえば、人間模様は似たり寄ったりなんだと思う。ただ、都会は溶け込めない、または溶け込まなくても生きていけるだけ、寂しい気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現実的な物語

2020/12/10 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

過疎の進む北海道の苫沢町。そこで理髪店を営む康彦の視点での、短編集。
過疎の進む町の現状や将来への鬱屈、若者への想いなど、暗くなりがちな題材を、優しく、温かく、淡々と綴っている。
狭い地域だと、住民全員が顔見知りで噂話好き、プライバシーもないように思ってしまう。が、最後の「逃亡者」を読んで、それもある程度はいいのかな、周りの人達のお節介も温かいのかな、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過疎の町

2020/08/22 08:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉村ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口減少による過疎化の町に
巻き起こるいろいろな騒動を描いて
ユーモアあふれる作品。

かって住んでいた町に思いをはせている人も
多いと思う。
そんな物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今ひとつ

2022/04/22 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちーかま - この投稿者のレビュー一覧を見る

寂れた炭鉱町で起こる様々な出来事や事件を描いている。短編集というよりもエピソード集といった感じ。ただ著者の作品としてはややパワー不足で、他の作品にもっと優れたのがたくさんあるのでここでは推奨しない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/10/01 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/06 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/06 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/19 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/14 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/01 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/14 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。