サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

印象派
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/22
  • 出版社: ありな書房
  • サイズ:19cm/110p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7566-1863-4

紙の本

印象派 (ナショナル・ギャラリー・ポケット・ガイド)

著者 キャスリーン・アドラー (著),石井 朗 (訳)

モネ、マネ、ルノワール、ピサロ…。ナショナル・ギャラリーが誇る世界有数のヨーロッパ絵画のコレクションから厳選した印象派の作品を紹介し、絵画を鑑賞するための10の美的アプロ...

もっと見る

印象派 (ナショナル・ギャラリー・ポケット・ガイド)

税込 1,728 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モネ、マネ、ルノワール、ピサロ…。ナショナル・ギャラリーが誇る世界有数のヨーロッパ絵画のコレクションから厳選した印象派の作品を紹介し、絵画を鑑賞するための10の美的アプローチに誘う。【「TRC MARC」の商品解説】

クールベが《オルナンの埋葬》をサロンに出展し批判を受けたその年、1851年の12月、第二共和政の初代大統領ナポレオン三世がクーデターにより全権を掌握し、第二帝政という時代が幕を開けた。この時代は、オッフェンバックのオペレッタに見られるように、「旧」の文化が「新」の文化にまさに変質変容していくその途上にあって、政治的、経済的、芸術的なカオスとも言える時代であった。その変質変容の大きな要素となったのは、政治的要請によるオスマンによるパリの構造的な大改造であった。これは、中世そのままの町であった「パリ」という都市の機能と構造を根底から──衣・食・住のすべてにわたり──覆し、それまでの旧い経済構造を新しい大衆消費社会へと、眼に見えるかたちで「パリ」をヨーロッパ一の近代都市へと変質変容させ、過渡期特有の文化の爛熟を招来させたのである。この「新」の文化は、美術にも大きな波紋を及ぼし、それまでのアカデミーの規範を超え、美術家の個性を自由に表現する方向へと流れの扉を開けたのである。すなわちそれは、美術家それぞれの目を通してとらえられた対象を、写実的でありながら主観的なヴィジョンとして表現すること──すなわち印象派の誕生──であった。「印象派」という呼称のもととなったモネの《印象・日の出》はおくとして、この流れの最初の底流をなしたのはおそらく「マネ」の数々の作品と思われる。たとえば、「自分の目の前のその現実を……色彩と形態による詩の世界」に歌いあげた、《テュイルリー庭園の音楽会》や物議をかもした《草上の昼食》に見事に表わされているように、印象派の描く絵画作品もまた、この時代の新興の都市文化とその社会的感性に深く結びついていると理解することができよう。オスマンの都市改造によってパリという近代都市が美観を獲得していくのと歩を同じくするように、その絵画的表象をこの時代の新興の都市文化とその社会的感性という視点から描いたのが印象派であり、その近代的感性で自然と都市風景を描いたのがモネであった。この印象派という流れを強力に推進したこの画家は、《ラ・グルヌイエールの水浴者たち》をはじめ、《サン・ラザール駅》、そして《睡蓮の池》など、印象派の中心的な画家であった。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 序 文 印象派とは何か
  • 印象派の始まり
  •   典型的な「印象派」絵画とは
  •   パリのサロン
  •   印象派の先駆者たち
  •   1860年代のルノワール
  •   ロンドンのモネとピサロ
  • 印象派展の美学
  •   ルノワール 印象派の画家

著者紹介

キャスリーン・アドラー

略歴
ナショナル・ギャラリー学芸員

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。