サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/12/18
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社オレンジ文庫
  • サイズ:15cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-680225-3
文庫

紙の本

後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)

著者 白川紺子 (著),香魚子 (イラスト)

妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃。当代の烏妃・寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。ある夜、後宮で起きた凄惨...

もっと見る

後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)

税込 682 6pt

後宮の烏2

税込 638 5pt

後宮の烏2

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃。当代の烏妃・寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、驚愕の真実をもたらすが…。【「TRC MARC」の商品解説】

圧倒的中華幻想譚、衝撃のシリーズ第2巻!

後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をすることのない、
「烏妃」(うひ)と呼ばれる特別な妃が住んでいる。
漆黒の殿舎のなかでひっそりと暮らし、外に出てくることはめったにない。
彼女は不思議な術を使い、憎い相手の呪殺から招魂、祈祷、失せ物さがしまで、
なんでも引き受けてくれるともっぱらな噂だった。

後宮で生きながら、けして帝のお渡りのない妃。
そして、けして帝の前でひざまずくことのない妃。
――それが烏妃だった。
しかし、それが意味するところを知る者は、ほとんどいない。

当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、
侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。
烏妃とは、なにも望まず、ひとを遠ざけ、ただひとりでいるものだからだ。

そんな彼女のもとに、今夜も「頼み事」のために訪ねてくる人がいる。
ある少年宦官は、自分と同じ年頃の宦官の幽鬼が現れるという。
入水して死んだ、かつて仕えていた妃の幽鬼を弔ってほしいと老宮女はいう。
古い布作面には男の幽鬼が取り憑いている、という気味の悪い話もある。

そしてある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、
寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらすことになる、がーー。
烏妃をしばる烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)とは何か?
烏漣娘娘がおそれる「梟」(ふくろう)とは一体誰なのか?

烏妃の孤独と運命を知ることとなった皇帝・高峻はーー。【商品解説】

シリーズ累計15万部突破!
圧倒的中華幻想譚、衝撃のシリーズ第2巻!

後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をすることのない、
「烏妃」(うひ)と呼ばれる特別な妃が住んでいる。
漆黒の殿舎のなかでひっそりと暮らし、外に出てくることはめったにない。
彼女は不思議な術を使い、憎い相手の呪殺から招魂、祈祷、失せ物さがしまで、
なんでも引き受けてくれるともっぱらな噂だった。

後宮で生きながら、けして帝のお渡りのない妃。
そして、けして帝の前でひざまずくことのない妃。
――それが烏妃だった。
しかし、それが意味するところを知る者は、ほとんどいない。

当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、
侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。
烏妃とは、なにも望まず、ひとを遠ざけ、ただひとりでいるものだからだ。

そんな彼女のもとに、今夜も「頼み事」のために訪ねてくる人がいる。
ある少年宦官は、自分と同じ年頃の宦官の幽鬼が現れるという。
入水して死んだ、かつて仕えていた妃の幽鬼を弔ってほしいと老宮女はいう。
古い布作面には男の幽鬼が取り憑いている、という気味の悪い話もある。

そしてある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、
寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらすことになる、がーー。
烏妃をしばる烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)とは何か? 
烏漣娘娘がおそれる「梟」(ふくろう)とは一体誰なのか?

烏妃の孤独と運命を知ることとなった皇帝・高峻はーー。【本の内容】

収録作品一覧

青燕 5−110
水の聲 111−166
仮面の男 167−228

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価4.3

評価内訳

電子書籍

人の死と、想いと

2021/03/13 16:26

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さやや - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎度のことながら、白川さんの情景描写はなんとも言えない陰があって、それが最高にこの作品にマッチしています。寿雪が人と関わるようになり、言いつけを守らなくなって行くにつれてのほころびが見えてきた巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後宮にある謎。

2021/02/28 14:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

架空の世界の、中華を模した帝国。後宮にいる、決して夜伽をしないが敬して遠ざけられる烏妃。
皇帝の高峻は、後宮に複数の妃があるが、王朝が交代しても存在する烏妃に疑問を抱く。それは実際烏妃に対面してからだ。
巫女か神の代理人か、烏妃の雪寿は可憐な少女。雪寿は宮廷の不思議な事件を解く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣けます

2020/06/28 10:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり
なにも望まず、人を遠ざけ、ただひとりでいるもの言われて育てられたのに
前巻に続いて人がどんどん集まってくる
寿雪すら知らなかった烏妃の真実や「梟」も出てきて、話が深化していくのを感じます。
個人的に温螢の過去を語るシーンは何度読んでも泣けます。
また魚泳の言葉は胸に響きます。寿雪が悪いわけではないのですけどね。
烏妃は寿雪だけではないと改めて認識させられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今巻も面白かった!

2019/07/10 18:40

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まかゆら - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

今回は寿雪の敵ともいえる人物が登場します。
正しくは敵ではないのですが、寿雪を狙っている点において敵ですね。
正しく敵というのは宰相のような気がします。
おそらく末娘を後宮に送り込んできて、寿雪を巻き込んだドロドロ劇を繰り広げそう。
いわば当て馬ですね。

前巻ではいまいち掴みどころのなかった温螢さんですが、今巻で好きになりました。
寿雪を慕う人が増えてきて嬉しい限りです。
あと、衛青は主バカすぎて、いつか高峻の足を引っ張ると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだまだ秘密

2019/03/24 11:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏妃自身ですら、自分の存在の成り立ちが今ひとつわからないまま新月の夜の苦しみだけ引き受けているけれど、もしかして帝が突破口?それとも傷が悪さをするのかな?
いずれにしても早く続きが読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深まる謎、もどかしい現実

2020/12/03 22:06

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

寿雪と高峻の距離がやや縮まったかと思いきや、
寿雪には新たな謎が、
高峻にはがんじがらめのお立場が。
恋愛的展開には、
ならないのですね、これは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

どんどん謎が深まる

2020/03/27 17:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も謎が謎を呼び、烏漣娘娘に寿雪が一体になって空を掛けて梟に見つかっておびえたり等、伏線がそこかしこに散らばってました。
面白いです。
ただ一気に読むのはやはり私の中で難しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

味方であっても味方でない

2019/10/27 13:58

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏妃であるということ。それは自由がないばかりか、自分というものももしかしたら、、という怖いことが分かってきた2巻。おおい、、どうしたら心身ともに自由になれるんだ。一方で帝の方も相変わらず窒息しそうなお立場。3巻で突破口がうまれるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

烏と梟

2019/09/21 19:33

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏妃が後宮に縛られる秘密が少し明らかになってきます。
さて、今回はちょっと物騒なことになっています。
烏妃はいるかいないか分からない、人間なのか幽鬼なのか?くらいの存在だったのにウロチョロするからファンも増えてきました。
烏妃も帝も少しずつ心の機微が生まれてきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

続編が読みたい

2019/04/03 11:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桃酒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻の方が面白い。
後宮物だが恋愛要素が今のところないようだ。
だんだんキャラが際立ってきて、謎の伏線を回収していく今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後宮の話なのに?

2019/03/18 00:58

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

立ち読みしていたら、面白かったので購入しました。後宮の話なのに、今のところ皇帝と烏妃に恋愛要素はなさそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しみ

2019/01/05 17:54

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏妃たる寿雪の周囲にだんだん暖かみが出てきたように高峻も硬さがとれて人間味が出てきた。
最後の高峻の涙。彼の心をせき止める堤が決壊したように見えた。それがいい事であれば良いが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/01/05 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/25 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/09 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。