サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/02/22
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206689-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

星の文人 野尻抱影伝 (中公文庫)

著者 石田五郎 (著)

飽くことなく星への憧憬を語って大正・昭和の天文少年少女を魅了し尽した“星の文人”野尻抱影。江戸趣味人の博識、心霊学への肩入れ、末弟・大佛次郎に見せる長兄の厳しさ…。「二世...

もっと見る

星の文人 野尻抱影伝 (中公文庫)

税込 1,100 10pt

星の文人 野尻抱影伝

税込 1,100 10pt

星の文人 野尻抱影伝

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.8MB
Android EPUB 6.8MB
Win EPUB 6.8MB
Mac EPUB 6.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

飽くことなく星への憧憬を語って大正・昭和の天文少年少女を魅了し尽した“星の文人”野尻抱影。江戸趣味人の博識、心霊学への肩入れ、末弟・大佛次郎に見せる長兄の厳しさ…。「二世天文屋」を自任した天文学者による評伝。〔「野尻抱影」(リブロポート 1989年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

飽くことなく星への憧憬を語って大正・昭和の天文少年少女を魅了し尽した“星の文人”野尻抱影。ハマッ子の洒脱、江戸趣味人の博識、心霊学への肩入れ、末弟・大仏次郎に見せる長兄の厳しさ……日本最大の「横丁のご隠居」の素顔。
『野尻抱影―聞書“星の文人”伝』を改題【商品解説】

著者紹介

石田五郎

略歴
一九二四年、東京生まれ。東京帝国大学理学部天文学科卒。一九四九年東京大学助手、一九六四年助教授、一九八四年教授を歴任し、同年四月退官。この間、三鷹天文台に一年、麻布狸穴の天文学教室に九年、岡山天体物理観測所に二四年を過す。一九八六年東洋大学教授に就任。一九九二年没。著書に『星の歳時記』『天文屋渡世』など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

北斗七星かオリオンか、カノープスよ、お前もか

2021/05/05 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:永遠のチャレンジャー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「星の文人」とは、言い得て妙だ。星に纏わる浪漫を愛(め)でた野尻抱影には、なるほどこの表現が相応しい。抱影は星への愛溢れる文章を紡いだ星の“伝道者”だ。

『坊っちゃん』に倣って、若き日の抱影(本名野尻正英(まさふさ))は、英語教師として田舎町甲府の尋常中学校に赴任すると、甲斐の白根(白峯)三山を仰ぎ見て自然美を讃え、登山に星天観測にと青春を謳歌したらしい。

「オリオンにはいくつもの思い出が重っている。抱影にとってこれはいわば「初恋」の星座である。」「オリオンは抱影にとっていつも心の故郷である」と著者は指摘する。校長の末娘と知り合って結婚するもスペイン風邪で妻が急逝し、幼子を抱えた抱影は亡き妻の姉と再婚するので、猶更納得がゆく。

一方、「北斗・オリオン・カノープス、この中で抱影はこの老人星(カノープス)が一番好きであったのかもしれない」とも記す。シリウスに次ぐ明るさは中天でこそ映えるから、南の地平線すれすれに顔を覗かせた減光(電球色)の輝きでは、気まぐれにしか出逢えぬこの“僥倖”星もさぞや不本意だろう。

一般参加者を引率し信州清里や河口湖、那須高原などを訪れた「自然科学列車」イベントが実に楽しそうだ。天文班の講師を務める抱影のほか、植物班の講師が牧野富太郎とは豪華だ。

昭和の初めに超高価な受注生産の天体望遠鏡を「ロング・トム」の愛称で呼んだ抱影が、「(函の)鍵を開けてから、雪白の筒身をしばらく無言でなでずにはいられなかった」のも無理はない。半世紀を隔てて中学生だった私にも、市販の反射望遠鏡で似たような体験がある。

抱影最晩年の頃(昭和五十年)、「天文ガイド」に載る藤井旭が撮った美しい天体写真にうっとりし、広告で見た高橋製作所製の屈折望遠鏡が手も足も出ない値段なのに溜息を吐(つ)きつつ、筒先の月や木星、土星を眺めていたからだ。

むじな(貉:アナグマ)でさえ晴れた晩には星に見惚れて沢へ転落死することがあるとの猟師の目撃談が面白い。「星を見ない人間」などはこの「哲学者のむじな」にも劣るという著者の言葉に素直に共感できるなら、抱影や著者の同好の士、立派な仲間だ。だってよく言うもの、俺とお前は「同じ穴のムジナ」だって…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自称「二世天文屋」の石田五郎氏による尊敬すべき「初代天文屋」の野尻抱影氏の評伝です!

2020/08/29 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、天文学者であり、文筆家でもあり、『星の歳時記』や『星空が語る宇宙の話』、『星と星座』、『天文台日記』などの著作を残された石田五郎氏の作品です。同氏は、自称として「二世天文屋」と主張され、その初代の天文屋とは野尻抱影氏のことです。同書は、著者が尊敬する野尻抱影氏の評伝です。飽くことなく星への憧憬を語って大正・昭和の天文少年少女を魅了し尽した「星の文人」と呼ばれた野尻抱影氏は、ハマッ子の洒脱、江戸趣味人の博識、心霊学への肩入れ、末弟・大佛次郎氏に見せる長兄の厳しさなど様々なユニークな顔をもっておられたようです。自称「二世天文屋」による野尻抱影氏の評伝の決定版です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/03/11 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/09 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。