サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/02/16
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/648,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-331853-9
文庫

紙の本

神秘哲学 ギリシアの部 (岩波文庫)

著者 井筒俊彦 (著)

ディオニュソス神から、ソクラテス以前の哲人達、プラトン、アリストテレス、プロティノスへと続くギリシアの精神史を、「自然神秘主義」の展開として解き明かす。井筒俊彦の初期代表...

もっと見る

神秘哲学 ギリシアの部 (岩波文庫)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ディオニュソス神から、ソクラテス以前の哲人達、プラトン、アリストテレス、プロティノスへと続くギリシアの精神史を、「自然神秘主義」の展開として解き明かす。井筒俊彦の初期代表作。【「TRC MARC」の商品解説】

東洋思想の概念・枠組を大きく変え、日本、世界の思想界に反響を起した井筒俊彦(1914─93)の初期の代表作である。ソクラテス以前の哲人達から、プラトン、アリストテレス、プロティノスへと続くギリシアの精神史を、人知を超えた絶対的真理「自然神秘主義」の展開として捉える。ギリシアを通して東洋思想の深層に踏み込む。(解説=納富信留)【商品解説】

目次

  • 序 文
  • 第一部 ギリシア神秘哲学
  • 第一章 ソクラテス以前の神秘哲学
  •  (1)ディオニュソス神
  •  (2)クセノファネス Xenophanēs
  •  (3)ヘラクレイトス Hērakleitos
  •  (4)パルメニデス Parmenidēs

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悟りの修養がない人には理解不能な哲学書

2020/09/05 04:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩波文庫に収録されたのは新しいけれど、実際は戦中から戦後に書かれた古い本であり、使われている旧漢字はやむを得ないとしても、著者が縦横無尽に使いこなすたぐい稀な用語の数々は、辞書無しでは不安なほどの著作である。きっちり読むにはやはり辞書引き必要と思う、それでもでてこない用語はあるけど、それは、その状態や事象を表現する用語として選ばれたもので、言葉にならない体験を敢えてことばにしているのであり、知恵を振り絞ったものなのである。
 著者は幼少時より臨済宗の修養を積んだ方であり、我々が学ぶ哲学者とは、その根本において覚悟の人であり、先学の著作の解説本を書いて講義する研究者は哲学者ではないとしている、つまり、ただの研究者に自ら考え抜いた哲学の神秘体験などわかるはずは無いではないかと。
 その悟りの人が見る世界は東洋では禅が道のりを創り上げている、西洋においても同じく道のりはちがっても覚悟の人たちであることをギリシャ時代の哲学者の著作から読みとっているのである。それが神秘体験からの哲学なのである。
 当然、単に哲学著作の論理性を好む人には理解を超え、訓詁学のごとく解説を書いて哲学者と自称する人には不評だろう。
 しかし、多少なりと悟りの修養をした人には必ずわかるものであり、無い人にはわからない著作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好みの分かれるところ

2019/10/04 01:12

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:1ベクトル - この投稿者のレビュー一覧を見る

漢字が鏤められたごつごつした知的な文体を求めるなら、私は廣松渉先生の方が好みです。井筒先生の語調は終始一定していて、最後まで同じくらい遠くて、読み始めに感じた距離が縮まらない。何でだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/11/08 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。